こんにちは、ブログをご覧いただきありがとうございます。

ちょうど次に担当する生徒が、
国語、特に古文をやりたいということなので、
百人一首シリーズを記事にしていこうと思います。

普通に百人一首で古文の解説をしてもいいのですが、
そういったサイトはほかにいくらでもあるので、
英語や、日本史の勉強にもつながるようにしていきます。

秋の田の かりほのいほの とまをあらみ
わが衣手は  つゆにぬれつつ

稲穂
あきのたの かりほのいほの とまをあらみ
わかころもては つゆにぬれつつ

英訳
How wet my sleeves with dew of night,
For in this ill- thatched cot I sleep,
Guarding the fields of autumn bright
with grain for farmers now to reap.

上記は小倉百人一首
の訳です。

語句の確認
sleeve 袖
dew 露
thatch わら・カヤ・ヤシなどの屋根ふき材料
cot 田舎家 あばらや
bright 明るい 輝かしい
reap 刈る、刈り入れる、収穫する

Out in the fields this autumn day
They’re busy reaping grain;
I sought for shelter ‘neath this roof,
But fear I sought in vain,–
My sleeve is wet with rain.

‘neath  beneath 下に

こちらはリンクの古い版ですね。
A Hundred Verses from Old Japan: Bilingual Edition (Tuttle Classics)

歌意

ようやく実った稲穂、秋の田を守る田の辺の番小屋に私は泊まる。

即席で建てられた番小屋は仮小屋で、屋根を葺いた苫は目が粗いので、
すきまから露がもれ落ちて、私の袖は濡れに濡れ、乾く暇もない。

それをただ一人守っているのは本当に寂しい。

品詞分解

秋        名詞
の        格助詞
田        名詞
の        格助詞
かりほ     名詞
の        格助詞
庵        名詞
の        格助詞
苫     名詞
を      格助詞
あら    形容詞 ク活用 語幹
み     接尾辞
わ     代名詞
が     格助詞
衣手    名詞
は     係助詞
露     名詞
に     格助詞
濡れ   動詞 ラ行下二段活用 連用形
つつ   接続助詞

修辞

かりほ 刈り穂と仮庵(かいいほ)で掛詞になっています。

仮庵とは、収穫のために建てた仮の小屋のことで、
せっかく収穫した作物を
他人や動物に奪われることがないように、警備していました。

今ならトラクターで一気に刈り取ることもできますが、
1000年以上も前にそんな技術はなかったので、
少しづつ刈り取っては、小屋に運んでいたのでしょうね。

苫をあらみ
「苫の目が粗いので」が訳になる。
受験に必要な知識としては、

Aを~形容詞~み  Aが形容詞なので。

原因や理由を表します。
ゴロゴでは
を~ミーが形容詞なので
というフレーズで暗記するようになっていました。

しかし、10年以上前に覚えたものを今なお覚えている
ゴロの力というのはすごいものですね。

邪道という人もいますが、私自身は覚えられれば、
なおかつ点が取れればなんでもいいという主義なので、まったく気にしないですね。

もちろん私の場合は、再受験で暗記の塗り直しをしたという経験が
あるからというのもありますが、

機械的に暗記していたら、とうの昔に忘れていたことでしょう。

わが  が、は所有格の格助詞~の、の意味ですね。
が、に〇をして、近くに「の」と書いておきましょう。

衣手  和歌だけに使われる「歌語(かご)」で、衣の袖のことです。
ぬれつつ  「つつ」は反復や継続を表す接続助詞ですね。

動詞の活用は大丈夫でしょうか。

「ず」をつけると、ぬれずなので、「ず」の前がエ段で終わっていますね。

未然形がエ段で終わっていたら、
下二段活用か下一段活用、サ行変格活用の可能性があります。

 

 下二段活用 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
 濡る るる るれ れよ

作者と歌の背景

中大兄皇子。後の天智天皇
第38代天皇で近江京で政治を行った。
在位は10年ですが、中大兄皇子時代に中臣鎌足と協力して
蘇我入鹿を退けたことは有名ですね。

626-671 称制661~667 在位668~671 乙巳の変、大化の改新
近江大津宮に遷都の後即位。庚午年籍作成 近江令制定
天智天皇を祭る近江神宮ではかるた祭り、各種かるた大会が開催されています。

『後撰集』秋中(302)

実際の作者は、天智天皇ではないというのが定説になっている。
万葉集の巻十、読み人知らずの「露を詠む」という題の9首の中の

秋田かる
仮廬(かりほ)をつくり
わが居れば
衣手さむく露ぞおきにける  (2174)

が変遷して、天智天皇御製となったと考えらえています。

『後撰集』秋「題しらず、天智天皇御製」として登場します。

時代背景

皇太子時代に大化の改新を行い、母斉明天皇崩御ののち、
都を飛鳥から近江に遷しました。

琵琶湖のほとりの近江大津宮は天智天皇崩御ののち、
672年に起きた壬申の乱のために、灰燼に帰しました。

壬申の乱は、天智天皇の皇子で大友皇子と、
天智天皇の弟で皇太子の地位にあった大海人皇子が皇位継承で争ったものでした。

弟の大海人皇子側が勝利し、敗走した大友皇子は近江山崎で崩じました。

大海人皇子は飛鳥に都を戻し、天武天皇として律令体制に基づく
古代中央集権国家を築きました。

歴代の天皇は天武天皇の皇胤、血統でしたが、光仁天皇で天智の皇統が復活します。

光仁天皇の父、志貴皇子は天智天皇の第七皇子で、
光仁天皇の皇子が桓武天皇で、平城京から、平安京に遷都し、
平安時代が始まることになります。

撰者の藤原定家にとっても、
天智天皇は、尊ぶべき上代の天皇だったのですね。

そのために、第一首にこの歌を持ってきたと考えられています。

しかし、通常天皇や皇太子が田んぼの警備員などするはずもないので、
この歌は天皇を農民の苦労に思いを馳せ、
庶民の苦しみや痛みを解する人物として描いています。

日本史での天智天皇に関する暗記すべき知識

日本史を選択している方はざっとスクロールしていって
黄色のマーカーが引いてある単語をチェックしてみてくださいね。

年代 天皇 政治経済社会 文化 世界
643年 皇極天皇 蘇我入鹿 山背大兄王を襲い自害に追い込む
645年 大化1年 皇極天皇 大化の改新、蘇我入鹿暗殺=乙巳の変  難波宮遷都
646年 大化2年 孝徳天皇 改新の詔
658年 斉明天皇 阿倍比羅夫 蝦夷をうつ 60百済滅亡
663年 〈天智〉 白村江の戦い
667年 〈天智〉 近江大津宮へ遷都 68高句麗滅亡
670年 天智天皇 庚午年籍をつくる 70法隆寺火災
672年 壬申の乱 76新羅、半島統一

 

大化の改新

618年隋から唐へ  律令制度による中央主権国家体制 朝鮮に進出
当時の朝鮮は 高句麗、百済、新羅

645年唐の高句麗遠征で朝鮮半島の緊張高まる

日本国内は蘇我氏が馬子、蝦夷と力を握る

皇極天皇の時代にあたる643年には、蘇我入鹿が、対立していた
聖徳太子の子山背大兄王を滅ぼす。

この事件がきっかけで、皇族やほかの豪族の反発が高まった。

このころ、遣隋使について中国に渡っていた留学生が帰国し、
律令制度に関する知識を持ち帰る。

帰国留学生の一人が中臣鎌足、(後の藤原鎌足)で、蘇我入鹿に反発していた
中大兄皇子と図り、蘇我蝦夷・入鹿を討った。

これが645年の乙巳の変ですね。

叔父の孝徳天皇をたてた中大兄皇子は皇太子に、
中臣鎌足が内臣(うちつおみ)となって実権をにぎり、

帰国した僧旻高向玄理(たかむこのくろまろ)国博士に任じ、
大化という年号を定めた。

645年、国内初の年号の大化が制定されます。
646年には改新の詔が出されます。

  1. 公地公民制&豪族には食封
  2. 中央(京、畿内)と地方(郡)の行政区画の策定と軍事・交通制度の整備
  3. 戸籍・計帳をつくって人民を登録し、班田を行う
  4. 新しい調などの税制の制定

の4つがその内容でした。

改新の後、孝徳天皇と中大兄皇子は不仲になり、
孝徳天皇は、当時都のあった難波で病死します。

孝徳天皇子の有間皇子は謀反の咎で処刑されます。

朝廷内部の不和や分裂が続いていたんですね。

孝徳天皇のあとを継いだ斉明天皇は、
公共事業や安倍比羅夫による蝦夷遠征などを行いました。

えらい金がかかりそうですね。

そうすると、財源を提供してくれる農民は、
負担も相当だったのでしょう。

このころ朝鮮半島では、新羅が統一を進めます。
唐と結んで、660年には百済を滅ぼしました。

百済と関係の深かった朝廷は、唐や新羅に抵抗する百済の残存勢力を
救援するために援軍を送ります。

こうして、663年には白村江の戦いが起こりました。

唐と新羅の連合軍に負けたことで、朝鮮半島での日本の勢力は
すっかり消え去りました。

高句麗も668年には滅ぼされ、朝鮮半島は新羅が統一したのでした。

朝鮮半島で敗北したことを踏まえ、新羅や唐が攻撃することを考慮し、
中大兄皇子は、大宰府に水城山城を築きます。

対馬と筑紫には防人を置きました。
667年には都を近江大津宮に遷します。

668年には皇子から即位して天智天皇となり、近江令を定めました。
わが国最初の令と言われたら、近江令のことを言っています。

670年には、全国に及ぶ戸籍として初めて庚午年籍を作りました。

671年に天智天皇がなくなると、翌672年には天智天皇の子大友皇子
弟の大海人皇子の間に皇位継承争いが起き、壬申の乱が起きます。

勝利した大海人皇子は、673年に飛鳥浄御原宮で即位し、
天武天皇となったのでした。

決まり字

田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
の三文字目が決まり字ですね。