obasute信濃の国に、更級といふ所に、

男住みけり。若き時に、親は死にければ、

をばなむ、親のごとくに、若くより添ひてあるに、

この妻の心、憂きこと多くて、この姑の老いかがまりて

居たるを、常に憎みつつ、男にも、

このをばの御心のさがなく悪しきことを言ひ聞かせければ、

昔のごとくにもあらず、おろかなること多く、

このをばのためになりゆきけり。

信濃の国 名詞
に、 格助詞
更級 名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
名詞
に、 格助詞
名詞
住み マ行四段活用動詞「住む」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
若き ク活用形容詞「若し」連体形
名詞
格助詞
名詞
係助詞
死に ナ行変格活用動詞「死ぬ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞、
をば 名詞
なむ、 係助詞、
名詞
格助詞
ごとく 比況の助動詞「ごとし」連用形
に、 断定の助動詞「なり」連用形
若く ク活用形容詞「若し」連用形
より 格助詞
添ひ ハ行四段活用動詞「添ふ」連用形
接続助詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
に、 接続助詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
心、 名詞
憂き ク活用形容詞「憂し」連体形
こと 名詞
多く ク活用形容詞「多し」連用形
て、 接続助詞、
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
老いかがまり ラ行四段活用動詞「老いかがまる」連用形
接続助詞
ワ行上一段活用動詞「居る」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
を、 格助詞、
常に 副詞
憎み マ行四段活用動詞「憎む」連用形
つつ、 接続助詞
名詞
格助詞
も、 係助詞、
代名詞
格助詞
をば 名詞
格助詞
御心 名詞
格助詞
さがなく ク活用形容詞「さがなし」連用形
悪しき シク活用形容詞「悪し」連体形
こと 名詞
格助詞
言ひ聞かせ サ行下二段活用動詞「言ひ聞かす」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞、
名詞
格助詞
ごとく 比況の助動詞「如し」連用形
断定の助動詞「なり」連用形
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
ず、 打消の助動詞「ず」連用形
おろかなる ナリ活用形容動詞「なり」連体形
こと 名詞
多く、 ク活用形容詞「多し」連用形、
代名詞
格助詞
をば 名詞
格助詞
ため 名詞
格助詞
なりゆき カ行四段活用動詞「なりゆく」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。

このをば、いといたう老いて、二重にて居たり。

これを、なほ、この嫁、所狭がりて、

今まで死なぬことと思ひてよからぬことを言ひつつ、

「持ていまして、深き山に捨てたうびてよ。」とのみ責めければ、

責められわびて、さしてむと思ひなりぬ。

代名詞
格助詞
をば、 名詞
いと 副詞
いたう ク活用形容詞「いたし」連用形「いたく」ウ音便
老い ヤ行上二段活用動詞「老ゆ」連用形
て、 接続助詞、
二重 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
接続助詞
ワ行上一段活用動詞「居る」連用形
たり。 存続の助動詞「たり」終止形
これ 代名詞
を、 格助詞、
なほ、 副詞
代名詞
格助詞
嫁、 名詞
所狭がり ラ行四段活用動詞「所狭がる」連用形
て、 接続助詞、
名詞
まで 副詞
死な ナ行変格活用「死ぬ」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
こと 名詞
格助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
接続助詞
よから ク活用形容詞「よし」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
こと 名詞
格助詞
言ひ ハ行四段活用動詞「いふ」連用形
つつ、 接続助詞
「持ていまし サ行四段活用動詞「持ています」連用形
て、 接続助詞、
深き ク活用形容詞「深く」連体形
名詞
格助詞
捨て タ行下二段活用動詞「捨つ」連用形
たうび 尊敬語補助動詞バ行四段活用動詞「たうぶ」連用形
てよ。」 完了の助動詞「つ」命令形
格助詞
のみ 副助詞
責め マ行下二段活用動詞「責む」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞、
責め マ行下二段活用動詞「責む」未然形
られ 受け身の助動詞「らる」連用形
わび バ行上二段活用「わぶ」連用形
て、 接続助詞、
副詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
接続助詞
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
思ひなり ラ行用四段活用動詞「思ひなる」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止形

月のいと明かき夜、「媼ども、いざたまへ。寺に尊きわざすなる、

見せたてまつらむ。」と言ひければ、限りなく喜びて負はれにけり。

高き山の麓に住みければ、その山に遥々と入りて、

高き山の峰の下り来べくもあらぬに置きて、逃げて来ぬ。

名詞
格助詞
いと 副詞
明かき ク活用形容詞「明かし」連体形
夜、 名詞
「媼ども、 名詞
いざ 感動詞
たまへ。 ハ行四段活用動詞「たまふ」命令形
名詞
格助詞
尊き ク活用形容詞「尊し」連体形
わざ 名詞
サ行四段活用動詞「す」終止形
なる、 伝聞推定の助動詞「なり」連体形
見せ マ行下二段活用動詞「見す」連用形
たてまつら 謙譲語補助動詞ラ行用四段活用動詞「たてまつる」未然形
む。」 意志の助動詞「む」終止形
格助詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞、
限りなく ク活用形容詞「限りなし」連用形
喜び バ行四段活用動詞「喜ぶ」連用形
接続助詞
負は ハ行四段活用動詞「負ふ」未然形
受け身の助動詞「る」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。
高き ク活用形容詞「高し」連体形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
住み マ行四段活用動詞「住む」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞、
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
遥々と 副詞
入り ラ行用四段活用動詞「入る」連用形
て、 接続助詞、
高き ク活用形容詞「たかし」連体形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
下り来(く) カ行変格活用「下り来(く)」終止形
べく 可能の助動詞「べし」連用形
係助詞
あら ラ行変格活用動詞「あり」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
格助詞
置き カ行四段活用動詞「置く」連用形
て、 接続助詞、
逃げ ガ行下二段活用動詞「逃ぐ」連用形
接続助詞
来(き) カ行変格活用「来(く)」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止形

「やや。」と言へど、いらへもせで逃げて、家に来て

思ひをるに、言ひ腹立てける折は、

腹立ちて、かくしつれど、年ごろ親のごと養ひつつあひ添ひ

にければ、いと悲しく覚えけり。

この山の上より、月もいと限りなく明かく出でたるを眺めて、

夜一夜、寝も寝られず、悲しうおぼえければ、かく詠みたりける。

「やや。」 感動詞
格助詞
言へ ハ行四段活用動詞「言ふ」已然形
ど、 接続助詞
いらへ 名詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
接続助詞
逃げ ガ行下二段活用動詞「逃ぐ」連用形
て、 接続助詞、
名詞
格助詞
カ行変格活用動詞「来」連用形
接続助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
をる 補助動詞ラ行変格活用動詞「をり」連体形
に、 接続助詞
言ひ腹立て タ行下二段活用動詞「言ひ腹たつ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
名詞
は、 係助詞、
腹立ち タ行四段活用動詞「腹立つ」連用形
て、 接続助詞、
かく 副詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
つれ 完了の助動詞「つ」已然形
ど、 接続助詞
年ごろ 名詞
名詞
格助詞
ごと 比況の助動詞「ごとし」語幹
養ひ ハ行四段活用動詞「養ふ」連用形
つつ 接続助詞
あひ添ひ ハ行四段活用動詞あひ添ふ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞、
いと 副詞
悲しく シク活用形容詞「かなし」連用形
覚え ヤ行下二段活用動詞「おぼゆ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
名詞
より、 格助詞、
名詞
係助詞
いと 副詞
限りなく ク活用形容詞「限りなし」連用形
明かく ク活用形容詞「明かし」連用形
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
格助詞
眺め マ行下二段活用動詞「ながむ」連用形
て、 接続助詞、
夜一夜、 名詞
寝(い) 名詞
係助詞
寝(ね) ナ行下二段活用動詞「寝(ぬ)」未然形
られ 可能の助動「らる」未然形
ず、 打消の助動詞「ず」連用形
悲しう シク活用形容詞「かなし」連用形「悲しく」ウ音便
おぼえ 「ヤ行下二段活用動詞「覚ゆ」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞、
かく 副詞
詠み マ行四段活用動詞「詠む」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形。

わが心慰めかねつ更級や

姨捨山に照る月を見て

代名詞
格助詞
名詞
慰めかね ナ行下二段活用動詞「慰めかぬ」連用形
完了の助動詞「つ」終止形
更級 名詞
間投助詞
姨捨山 名詞
格助詞
照る ラ行用四段活用動詞「照る」連体形
名詞
格助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
接続助詞

と詠みてなむ、また行きて迎へ持て来にける。

 

それより後なむ、姨捨山と言ひける。

「慰めがたし」とはこれがよしになむありける。

格助詞
詠み マ行四段活用動詞「詠む」連用形
接続助詞
なむ、 係助詞(係り結び)
また 副詞
行き カ行四段活用動詞「行く」連用形
接続助詞
迎へ ハ行下二段活用動詞「迎ふ」連用形
持て来 カ行変格活用動詞「持て来」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形(「なむ」結び)
それ 代名詞
より 格助詞
名詞
なむ、 係助詞(係り結び)
姨捨山 名詞
格助詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形(「なむ」結び)
「慰め マ行下二段活用動詞「慰む」連用形
がたし」 ク活用形容詞「かたし」終止形
格助詞
係助詞
これ 代名詞
格助詞
よし 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
なむ 係助詞(係り結び)
あり 補助動詞ラ行変格活用動詞「あり」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形(「なむ」結び)

 

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら