大鏡三船の才頼忠伝だにあるに品詞分解全訳解説

  • LINEで送る

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

この作品の品詞分解や全訳が欲しいなんてありましたら、

教えてくださいね!

 

大鏡

世継が語っています。

 

 

ひととせ、入道殿の大堰川に逍遥せさせ給ひしに、

作文の船・管絃の船・和歌の船と分かたせ給ひて、

その道にたへたる人々を乗せさせ給ひしに、

ある年、入道殿=道長公が、 大堰川で舟遊びをなさいました時に、

(人々の乗る船を)漢詩の船、音楽の船、和歌の船と

(船を三艘に)お分けになって、(それぞれ)その道にすぐれている人々を

お乗せになりましたが

ひととせ、 名詞
入道殿 名詞
格助詞
大井川 名詞
格助詞
逍遥せ サ行変格活用動詞「逍遥す」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形 尊敬語 助動詞 世継⇒入道殿 ~なさる
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 世継⇒入道殿 ~なさる
過去の助動詞「き」連体形
に、 格助詞
作文 名詞
格助詞
船・ 名詞
管絃 名詞
格助詞
名詞
和歌 名詞
格助詞
名詞
格助詞
分かた タ行四段活用動詞「分かつ」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形 尊敬語 助動詞 世継⇒入道殿 ~なさる
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 世継⇒入道殿 ~なさる
て、 接続助詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
たへ ハ行下二段活用動詞「たふ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
人々 名詞
格助詞
乗せ サ行下二段活用動詞「乗す」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形 尊敬語 助動詞 世継⇒入道殿 ~なさる
給ひ 尊敬の補助動詞ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 世継⇒入道殿 ~なさる
過去の助動詞「き」連体形
に、 接続助詞

大鏡 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

この大納言殿の参り給へるを、

入道殿、「かの大納言、いづれの船にかのらるべき」とのたまはすれば、

「和歌の船に乗り侍らむ」とのたまひて、

詠み給へるぞかし、

 

をぐら山あらしの風の寒ければもみぢのにしき着ぬ人ぞなき

 

申しうけ給へつかひありてあそばしたりな。

 

(その時)この大納言=公任卿が参りなさったので、

入道殿が、「あの大納言=公任卿は、どの船にお乗りになるのだろう。」

と(人を通じて)おっしゃったところ、

(公任卿はそれを聞いて) 「和歌の船に乗りましょう。」とおっしゃって、

(次のような歌を)およみになったのですよ、

をぐら山……(木が茂る)小倉山や、対岸の嵐山から(その名の通り)

吹きおろす風が寒いので、(その風で散った)

紅葉が人々の着物に散りかかって、

だれもが美しい錦の衣を着飾っているようだ。
(御自分から)お願いして(和歌の船に)お乗りになっただけのことはあって、

(実にみごとに)お詠みになったものですなあ。

 

代名詞
格助詞
大納言殿 名詞
格助詞
参り 謙譲語ラ行四段活用動詞「参る」連用形 謙譲語 本動詞 世継⇒入道殿 参上する
給へ 尊敬の補助動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 世継⇒大納言殿=公任 ~なさる
完了の助動詞「り」連体形
を、 接続助詞
入道殿、 名詞
「か 代名詞
格助詞
大納言、 名詞
いづれ 名詞
格助詞
名詞
格助詞
係助詞(係り結び)
乗ら ラ行四段活用動詞「乗る」未然形
尊敬の助動詞「る」終止形 尊敬語 助動詞 入道殿⇒大納言殿 ~なさる
べき」 推量の助動詞「べし」連体形(「か」結び)
格助詞
のたまはすれ 尊敬語ハ行四段活用動詞「のたまはす」已然形 尊敬語 本動詞 世継⇒入道殿 (言う)仰る
ば、 接続助詞
「和歌 名詞
格助詞
名詞
格助詞
乗り ラ行四段活用動詞「乗る」連用家
侍ら ラ行変格活用動詞「侍り」未然形 丁寧語 補助動詞 大納言殿⇒入道殿 ~ます
む」 意志の助動詞「む」終止形
格助詞
のたまひ 尊敬語ハ行四段活用動詞「のたまふ」連用形 尊敬語 本動詞 世継⇒大納言殿 (言う)仰る
て、 接続助詞
詠み マ行四段活用動詞「詠む」連用形
給へ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 世継⇒大納言殿 ~なさる
完了の助動詞「り」連体形
係助詞または終助詞学校の先生に確認すべし!
かし、 終助詞
をぐら山 名詞
あらし 名詞
格助詞
名詞
格助詞
寒けれ ク活用形容詞「寒し」已然形
接続助詞
もみぢ 名詞
格助詞
にしき 名詞
カ行上一段活用動詞「着る」連用形
打消 の助動詞「ず」連体形
名詞
係助詞(係り結び)
なき ク活用形容詞「なし」連体形(「ぞ」結び)
申しうけ カ行下二段活用動詞「申しうく」連用形 謙譲語 本動詞 世継⇒入道殿 (言ひ受く)願い出てお引き受けする。
給へ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 世継⇒大納言殿 ~なさる
完了の助動詞「り」連体形
かひ 名詞
あり ラ行四段活用動詞「あり」連用形
接続助詞
あそばし 尊敬語サ行四段活用動詞「あそばす」連用形 尊敬語 本動詞 世継⇒大納言殿 (遊ぶ)(詩歌・狩猟・管弦などを)なさる。
たり 完了の助動詞「たり」終止形
な。 終助詞

大鏡 全現代語訳 (講談社学術文庫)

御みづからものたまふなるは、

「作文のにぞ乗るべかりける。さてかばかりの詩を作りたらましかば、

名のあがらむこともまさりなまし。口をしかりけるわざかな。

(公任卿が)御自分でもおっしゃったそうですが、

「漢詩の船に乗ればよかったなあ。

そうして、この和歌に匹敵するほどの(出来ばえのよい)漢詩を作ったとしたら、

名声ももっとあがっただろうに。

残念なことだったなあ。

 

御みづから 名詞
係助詞
のたまふ ハ行四段活用動詞「のたまふ」終止形 尊敬語 本動詞 世継⇒大納言殿 仰る
なる 伝聞の助動詞「なり」連体形
は、 係助詞
「作文 名詞
格助詞
格助詞
係助詞(係り結び)
乗る ラ行四段活用動詞「乗る」終止形
べかり 当然の助動詞「べし」連用形
ける。 詠嘆の助動詞「けり」連体形(「ぞ」結び)
さて 副詞
かばかり 副詞
格助詞
詩(からうた) 名詞
格助詞
作り ラ行四段活用動詞「作る」連用形
たら 完了の助動詞「たり」未然形
ましか 反実仮想の助動詞「ましか」已然形
ば、 接続助詞
名詞
格助詞
あがら ラ行四段活用動詞「あがる」未然形
仮定婉曲の助動詞「む」連体形
こと 名詞
係助詞
まさり ラ行四段活用動詞「まさる」連用形
強意の助動詞「ぬ」未然形
まし。 反実仮想の助動詞「まし」終止形
口をしかり シク活用形容詞「口をし」連用形
ける 詠嘆の助動詞「けり」連体形
わざ 名詞
かな。 終助詞

さても殿の、『いづれにとか思ふ』とののたまはせしになむ、

われながら心おごりせられし」とのたまふなる。

一事のすぐるるだにあるに、かくいづれの道もぬけ出で給ひけむは、

いにしへも侍らぬことなり。

それにしても、入道澱が、「どの船に乗ろうと思うか。」

と(私の才能を見込んで)おっしゃったお言葉を耳にした時には、

われながら得意にならざるを得なかった。」

とおっしゃったそうです。

一事が人にまさっているという事でさえ大したことなのに、

この(公任卿の)ようにどの道にも人に傑出しておいでになったということは

昔(から)も(めったには)ないことでございます。

 

さても 接続詞
殿 名詞
の、 格助詞
『いづれ 名詞
格助詞
格助詞
係助詞(係り結び)
思ふ』 ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形(「か」結び)
格助詞
のたまは ハ行四段活用動詞「のたまふ」未然形 尊敬語 本動詞 大納言殿⇒入道殿 仰る
尊敬の助動詞「す」連用形 尊敬語 助動詞 大納言殿⇒入道殿 ~なさる
過去の助動詞「き」連体形
格助詞
なむ、 係助詞(係り結び)
われながら 副詞
心おごりせ サ行変格活用動詞「心おごりす」未然形
られ 自発の助動詞「らる」連用形
し」 過去の助動詞「き」連体形(「なむ」結び)
格助詞
のたまふ 尊敬語ハ行四段活用動詞「のたまふ」終止形 尊敬語 本動詞 世継⇒大納言殿 仰る
なる。 伝聞の助動詞「なり」連体形
一事 名詞
格助詞
すぐるる ラ行下二段活用動詞「すぐる」連体形
だに 副助詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
に、 格助詞
かく 副詞
いづれ 名詞
格助詞
名詞
係助詞
ぬけ出で ダ行下二段活用動詞「ぬけ出づ」連用形
給ひ ハ行四段活用動詞「たまふ」連用形 尊敬語 補助動詞 世継⇒大納言殿 ~なさる
けむ 過去推量の助動詞「けむ」連体形
は、 係助詞
いにしへ 名詞
係助詞
侍ら ラ行変格活用動詞「侍り」未然形 丁寧語 補助動詞 世継⇒読者 ~です、ございます
打消 の助動詞「ず」連体形
こと 名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形

 古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

 

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ