センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

 

さて今回は、受験勉強をしていく時に気をつけるべきこと、

実質僕がどんなことをしているかについて書いていこうと思います。

 

僕が受験指導でやっているのは「やることをしぼること」だけ

 

実は、僕自身が受験生を指導する際には、

大きく分けるとこれしかやっていないと言っても過言ではないです。

 

 

つまり、

 

受験指導で指導者がやるべきことで一番重要といってもいいことなんですね。

 

それは何か?

 

 

それは、

 

生徒がやるべきことをとにかく絞ること。

 

 

やるべきことを増やすことは誰でも出来ます。

 

そして

 

やるべきことを増やしまくって自滅するのが、

多くの受験生がやってしまう失敗であり、

 

 

多くの受験生が予備校(特に映像系)、

場合によっては学校の先生、

あるいは学校のシステムによって

 

 

失敗させられてしまう要因でもあります。

 

 

特に受験に力を入れている学校の場合は注意が必要です。

 

僕の教え子の学校(私立)は、

比較的過去問が頭に入っている先生が担当しているそうなので

あまり心配していないのですが、

 

(生徒曰く古典の先生らしいので、

かなり貴重な先生だと思います。)

 

 

公立高校でそういった先生と会える幸運な受験生は

そう多くはないでしょうし、

 

いわゆる地方の自称進学校でそういった先生から指導を受けられる可能性は

微粒子レベルといっても過言ではないと思います。

 

 

まあ言ってみれば絶望的と言えるでしょう。

 

ほぼUMAですね。

※UMA:Unidentified Mysterious Animal(未確認動物)

動物は失礼かな

 

学校の先生に期待するのは現実的ではないので、

自分でやっていくしかないですね。

 

 

で、

 

とにかく絞ることが大事なのですが、

ここでは、僕なりの目安をお伝えします。

 

やることを絞る上での原則とは?

 

目安というか原則ですね。

 

実際僕もこれを念頭においています。

 

 

実は原則はすごく簡単でシンプルなんですよね。

 

やることを絞るというのは、

 

つまり

科目を絞ることと教材をとにかく絞ることであり、

もう少し具体的に言うと、

 

1科目ずつ勉強することと1冊ずつ勉強すること

1冊終わるまではとにかく他に手をつけないこと

なんですね。

1科目ずつ勉強すること

 

上位大学に合格するには一刻も早く英語を完成させること

現実問題として、

東京外国語大学や慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学にしても

 

いわゆる偏差値が高い大学を受験するのに、

英語が出来ないと話が始まりません。

 

このサイトを訪れてくださる読者さんは

外大の受験生や上智の受験生が多いと思いますので、

 

外大や上智を受けるのに英語が苦手

(今後レベルアップする予定なら大丈夫だから安心してね)だったり、

あるいはキライということはないと思いますが、

 

慶應義塾大学や早稲田大学を受ける受験生で

英語が苦手、あるいはあまり点数が取れていない

という方がまま見受けられます。

 

 

慶應義塾志望で英語が苦手という人はあまり見かけませんが、

早稲田大学はどういうわけか、苦手あるいはできないと自称する

受験生が多いように思います。

 

一生懸命日本史や世界史での逆転合格に

かけようとしている受験生もいますが、

残念ながらうまくはいかないでしょう。

 

 

完全に体感なので、

実際の数字を計測したわけではありませんが、

そんな印象ですね。

 

 

なんでなんだろう。

 

ちょっと話がそれましたが、

とにかく英語が完成するまでは

他の科目に浮気しないこと

 

浪人生なら丸一日英語だけだと飽きると思うので、

息抜きに国語や世界史日本史なんかも入れてもいいですが、

センターの英語で9割が安定してとれるようになるまでは

とにかく英語に集中することですね。

 

 

これが科目を絞るということですね。

 

英語にある程度の目処がついたら

国語⇒世界史日本史ですね。

 

1科目ずつ、かなり傾斜配分していきましょう。

 

 

今年上智の外国語学部ロシア語に合格した生徒も、

10月の段階で英語がかなりやばかったので、

全体の8割から9割の時間を英語に割いてもらいました。

 

 

その結果1ヶ月で131⇒194点と劇的な成績の伸びを見せています。

 

 

そのくらい英語に集中することが大切なんですよ。

上位の大学に合格したいならね。

 

1冊ずつ勉強すること

原則として、1科目につき一度に進めるのは1冊です。

 

単語や熟語、古文の単語や漢文の句法を勉強している段階なら、

並行していくのもありっちゃありですが、

それでも

暗記系+メインの1冊

の2冊が限界なんじゃないかな。

 

もし、英文法がやばいっていうなら

英文法にしぼってさっさと片付けて、

一刻も早く読解の勉強に入ることが大切です。

 

読解も文法もってやると、

多くの場合うまくいきませんね。

 

※ただし、文法をやるからっていきなりネクステージ

を完成させようなんてしちゃダメですよ。

 

ちゃんと過去問を見てくださいね。

4択系文法が本当に必要かどうかしっかり調べてください。

 

 

ちなみにコシャリが第一次受験生時代にやった失敗は

Z会+予備校のテキスト+参考書(複数)

を同時にやるというものでした。

 

まあ今の僕がそれだけはまかりならぬということを平気でやってましたね。

その結果は言うまでもありません。

全滅です。

 

僕の屍を越えていってくださいね。

かつての僕からの遺言です。

 

1冊終わるまではとにかく他に手を出さないこと

受験生の多くが、1冊の参考書を最後までこなすことができません。

 

浪人生の方でもしこの記事を見てくれている方がいたら、

ぜひちょっと振り返ってみてほしいんですね。

 

ああ、オレはあたしは〇〇なら完璧に頭に入っているわー

 

っていう参考書が何冊あるか。

 

1冊あればいい方だと思うんですよね。実際。

単語集や熟語集、完璧に仕上がっていますか?

 

多くの受験生、高校生が1冊を完璧にする前に

他の参考書に浮気してしまいます。

 

例えば、

 

途中までターゲットを進めていたけど、

なんか自分に合わないような気がするから

評判も良さそうだしシス単にしようかなぁ

 

とかあるあるだと思うんですよ。

 

経験ないですか?

え、そんなことあるわけねーだろって?

いやこれ僕の妄想じゃないですよ。

 

実はこれ、僕が適当に言っているんじゃなくて、

実際にヤフー知恵袋に載ってたんですよ。

 

 

 

もちろん絞りましょうね

ってアドバイスしておきましたけど笑

 

ああなんて親切なプロ家庭教師なんだ。

 

※ちなみに、単語集の最後の方にいくと、

結構な割合で他の単語集に行きたくなります。

 

理由は簡単で、出て来る単語が難しくなって、

なかなか進みにくくなってくるから。

 

やっぱり進まないとキツイですからね。

 

そういうときの対処法は、

範囲を短く区切って繰り返す数を増やすこと。

 

たとえば

今まで100個ずつをグループにして覚えていたのなら、

50個や30個にしてみるとか、

 

まずは100周みてから覚えているかどうかの判定をするとか

 

ですね。

まとめ

というわけで今回は、

 

とにかく絞れ!

1科目ずつ進める

英語からとにかく完成させる

1冊を完璧するまで他の参考書に浮気しない

 

というお話でした。

 

もしあなたが今なんだか伸びてないなーと思っているなら

手を拡げすぎている可能性を疑ってみてくださいね。

 

自分で振り返るのが不安なら、

アドバイスコースにでも入ってみてください。

 

僕がスッキリ仕分けしますよ。

 

アドバイスコースのお申込みはこちら

参考になれば幸いです。