子曰く、之れを道(みちび)くに政を以てし、
之れを斉(ととの)うるに刑を以てすれば、
民免れて恥ずる無し。

之れを道くに徳を以てし、
之れを斉うるに礼を以てすれば、
恥ずる有りて且つ格(いた)る、と。

孔子は、法律や命令だけの政治で人民を指導、規制しようとし、
刑罰で脅すことで人民を統制しようとすると、
人民は刑罰を免れることができればよいとして、
悪事をはたらいても恥ずかしいと思わなくなる。

ところが、道徳をもって民を導き、
礼義を教えて民を統制していくと、
人民は悪事をはたらくことを恥ずかしく思うようになって、
自然と善良になるものだ、とおっしゃった。

政は法律や命令のことですね。

法律や命令によってがんじがらめに規制するよりも、
為政者の仁徳や礼義で民衆を教育していく方がよいということですね。

法律は権力がバックグラウンドにありますが、
礼は約束を守ること、約束を破ることを恥じることが基本姿勢です。

参考になれば幸いです。