子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。
四十にして惑わず。五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従えども、
矩(のり)を踰(こ)えず、と。


孔子がおっしゃた、私は十五歳ごろから学問をしようと決めた。
三十五歳で学問についての独自の見解を確立した。
四十歳ごろ、物事の道理に明るくなって、惑わなくなった。

五十歳になり、天が自分に与えた役割が何であるかを悟った。

六十歳ころには、人の言葉を素直に聞けるようになった、
世間の毀誉褒貶にも心が動じなくなった。

七十歳になって、心の欲するままに行動することが、
いつでも道徳規準に適合して、道理に外れることがなくなった。

有名な言葉ですね。

色々な経験をして、気が練れてくるので、
年をとると、穏やかな性格になるのかと思っていましたが、
意外とそうでもなかったりしますね。

接客業をやっている方、
アルバイトなどでレジうち等をやったことのある
方なら経験があるかもしれませんが、

お年寄りの方が思いのほか気が短かったりすることが
有りますね。

とはいっても、こちらが「耳従う」感じで
話していれば、次第に理解してくれることも多いのですが。

参考になれば幸いです。