東京外国語大学対策合格目標の立て方~共通テスト各科目の得点配分を考える

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

2019年は東京外大に合格率100%です!

今回は目標の立て方について考えてみたいと思います。

独学で勉強しているこのブログの読者のみなさんにとって
目標はもちろん大学ないし高校、ひょっとしたら中学の合格
に違いないと思います。

試験勉強をしている皆さんであれば、
誰でもそうですよね。

そうした大きな目標から、
そのために何をするべきか細分化して
考えていくわけですね。

 

※2021年受験の試験の変更点が出ています
◯試験開始時間が繰り下がること
◯英語の試験の問題数が減り、試験時間も150分⇨90分になります
http://www.tufs.ac.jp/admission/navi/exam/20210106.pdf
※言語文化学部、国際社会学部のスピーキングテストは1年延期になりました。
国際日本学部は実施されます。

2016年東京外国語大学センター判定まとめはこちら

2015年東京外国語大学センター判定まとめはこちら

 

※2020年7月3日

2023年実施の入試(2021年現在の高2生が受験する年)から

これまで数学1や数学1Aだけでよかった共通テストの数学が

数学Ⅱや数学ⅡBも必須になります。

 

共通テストの数学の配点も50→100点、その分外国語が200→150点になります。

共通テスト450点、二次試験400点の配点は変わりません。

外大の公式発表はこちら

 

東京外国語大学合格には共通テスト85%は欲しい

東京外国語大学の共通テスト科目

科目 配点→圧縮後の点数=外国語以外はみんな半分 2023年以降受験
外国語英語リーディング+英語リスニング 100+100=200 200→150
国語 200→100 200→100
世界史/日本史 100→50 100→50
数学1Aor1or2Bor2 100→50 200→100 数学は2科目必要になります。
理科or公民 理科基礎の場合は2科目必要 100→50 100→50
合計 700→450 450
科目選択について

上記は多くの受験生が選択するであろう科目で書いています。外国語や数学等、やや特殊な科目で受ける予定の方は、ご自身の科目が選択できるかを公式サイトでご確認ください。

 

例えば、東京外国語大学の合格を目標として考えるなら、
前期ならば、学科にもよりますが、
センター試験では85パーセントくらいは必要ですよね

全体が450点なので

450×0.85=382.5

ああ383点くらいは必要なんだなとなりますね。
(学科によります英語科は9割くらい欲しいですね)

 

2021年12月追記

2021年の外大公式発表によると

2021年の新入生の共通テストの合格者平均は、

国際社会学部南アジアの353点~国際社会学部北西ヨーロッパ/北アメリカの393点となっている。

ちなみに言語文化の合格者平均はウルドゥーヒンディーベンガル語の355.9点~ドイツ語が390点。

英語フランス語ドイツ語イタリア語等のメジャー言語及び地域と

まったくメジャーではないけど、例年高得点が必要なアラビア語ペルシャ語トルコ語の中東地域

については、変わらず85%以上はとっておきたいですね。

 

東南アジア、南アジアなどは83% 370/450点くらいでしょうか。

 

まあ細かい予定を考えても、本番の問題と、

ライバルの点数によって変わりますので、

だいたいで大丈夫です。

思ったようには行かないものですので。

 

共通テストを頑張って、1点でも多くの点数を取れるようにしていきましょう。

だいたい共通テストを受けた週の水曜日くらいには、予備校が予想合格ラインを出してくれます。

悩むなら、その時です。

 

国語が100、数学(1Aが現実的?)が50点、外国語が200点
地歴公民理科から2科目50点×2で100点ですね。

地歴は2次試験が世界史か日本史なので、公民か理科からどちらかを選ぶのが
現実的でしょうか。

 

2023年受験なら、

数学は1A2Bで100点、外国語は150点、

国語100点、地歴公民理科から2科目50点×2で100点です。

英語は185点、国語は8割、他の科目は?

1ヶ月で40点上げてセンター英語で9割を達成した方法はこちら

外国語は190点くらいとるとすると、
あと193点をどこでとりましょうか。

2021年12月追記。

2021年に行われたアンケートによると、

2021年に東京外大に入学した新入生251人のうち、

 

英語リーディングに関しては満点が18.5%

90点台が66.5%、80点台が12.9%、80点未満が2%となっている。

 

英語リスニングは、満点が2.8%

90点台が35.3% 80点台47%、 80点未満が14.9%

 

そうすると英語リーディングは90点台、英語リスニング80点台で、

180点前後が合格者平均というところでしょうか。

ここでは185点としましょう。

参考共通テスト英語リーディング対策61→85点1ヶ月で24点あげるためにやったこと

 

共通テスト85%目標=383点だとすると、

残り、198点です。

 

世界史・日本史も二次試験で必要なので90点くらいとりたいですね。
圧縮されるので45点であと153点です。

 

 

ここからは2次試験にない科目なので、
モチベーションがだいぶ下がってくることになると思いますが、
併願の私立大等々を考えると、次に時間を注ぐべきは
国語でしょうか。

国語は科目の特性上、確実に9割、
とはいかないことも多いので、
8割160点くらいにしておきましょうか。

圧縮されて80点ですね。

あと73点。
数学50点公民か理科で50点ですね。

どうしましょうか。
単純に73点ずつとって、
圧縮して36.5点ずつでもいいですが、

理科の方が同じ時間をかけた時に伸びやすいですね。

東京外大受験でおすすめの理科の科目は?

ちなみに理科は文系の多くの受験生は
生物基礎&地学基礎にすることが多いと思いますが、
私は地学をおすすめします。

地学は高校で扱っていないことも多く
知らないことからくる不安で選択しない人も多いですが、
これほどコストパフォーマンスがいい科目はないですね。

地学は12月からでも間に合うと思いますが、
一応11月、不安な方は10月からやるにしても、
しっかり勉強すれば、理科のなかで最も早く80点くらいいくので、
圧縮して40点ですね。

参考:地学ってどうなんですか?*1xcvb

 

2021年12月追記。

英語で185点目標になった分、できるだけ理科、公民で

8割後半から9割をとりましょう。

ここでは86点、圧縮して43点にしましょうか。

すると残り30点になります。

 

前述のアンケートによると、

生物基礎&化学基礎か地学基礎&生物基礎が多いです。

物理基礎&化学基礎、生物 の人も居ますね。

東京外大受験でおすすめの公民は?

2021年12月追記。

早く仕上がる点で相変わらず地学はおすすめなんですが、

他の科目との相性を考えると、

世界史の現代史の部分と重なる分、現代社会や政治経済、

文化史との相性がいい倫理もいいですね。

 

前述のアンケートによると、

倫理、現代社会、倫理政治経済、政治経済の順で多くなります。

数学苦手でもOK!?

そうすると、のこり30点。
数学は30点×2で本番は60点でも大丈夫ですね。

数学が苦手な方もなんだか気が楽になってきませんか?
実際はもうちょっといくと思いますけどね。

もちろん英語185点などはもう少し下げてもいいかもしれません。
英語科受験ならそのくらいは取りたいですけどね。

 

2021年12月追記

前述のアンケートによると、

数学は100点中50点台~80点台がボリュームゾーン。

苦手な方は、早めに対策するか、別の科目で稼げるようにしておきたいですね。

なお、2023年以降に受験する方は、数学1A2Bまで必要ですので、

覚悟を決めて、数学頑張ってください。

 

 

浪人の方は、現役の時の共通テストの自己採点と
比べてみてください。

共通テストには問題なかったでしょうか?
二次試験の勉強で、時間を回せなかった
共通テスト科目はありませんでしたか?

不足している科目があれば、
勉強計画を立ててみましょう。

参考書とあとはそれをいつまでにやり終えるか、
そしてそれを何回繰り返すか等々、
手帳に書いてみましょう。

東京外大受験対策、共通テスト各科目の得点配分を考える。

東京外大関係記事一覧はこちら

センター試験の英語を1ヶ月で40点あげて9割とった方法

ステップ・バイ・ステップで過去問分析をしたい方は

こちら↓↓↓↓↓↓↓

間違った勉強法

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

2016年東京外国語大学センター判定まとめはこちら

2015年東京外国語大学センター判定まとめはこちら

↓の記事もおすすめです。

東京外国語大学攻略の全体像~科目と配点

科目の特性と重要度

外大対策本

メルマガにご登録いただくと、パスワードを記載したメールがすぐに届きます。

メルマガ登録はコチラ

参考になれば幸いです。