その授業受けてて大丈夫?予備校で受からない理由

  • LINEで送る

 

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

ここのところ、お問い合わせがかなり来ていて、

なかなか更新していませんでしたね。

 

メールは毎日返信していた気がしますが・・・

 

 

さて今回は、昨日個別に教えている生徒さんと

話していて改めて感じていた事について書いていきたいと思います。

 

 

今回の話は、概ね中小予備校に通っている人向けです。

成績が伸びている方はそのままつづけてください。

 

その生徒さんは、

3月から受験勉強をはじめて、予備校に通ってるんですが、

どうもこのままでいいのか疑問に思うようになり、

 

自分で検索して、僕のサイトを通じて連絡をくれたのですが、

(素晴らしい行動力ですね)

 

 

昨日聞いていてやっぱりどう考えても

効率悪いよなぁ そのままでは受からないよなぁ

と思ったんですよ。

 

※生徒さんは自分でガンガンやっているので

大丈夫です

 

 

英語を押してる予備校なんだけど・・・

 

 

 

広告については話題性や目を引くって言う観点から言えば、

すごくいいと思いますし、個人的には面白いと思います。

 

 

(怪しいと思うか、入りたいと思うかどうかは別として)

 

 

以前から中身はどうなんだろうな?と思っていたのでした

※評判を検索すると、だいぶ対策されているようですね。

 

というのも、

 

実は昨年何回か相談を受けていた読者さんの一人がその予備校に行っていて、

予習の時間など、予備校の授業の使い方もそれほど間違ってないし、

どうして成績が上がらないのか不思議に思っていたからなんです。

 

彼女は最終的には上智大学(上位学部)に行きましたので、

個人的にはそこまで悪くないと思いますが、

あくまで第一志望は外大でした。

 

受験生にとって最大の資産は時間。ならば・・・

 

その予備校は、指名されるから、予習も手を抜けないとか、

ノートの提出があるからきめ細やかな指導をしているなどと

宣伝するわけですが、

 

(確かに授業の他に、個別に課題が出されるシステムは良いと思います)

 

そもそも予習は費用対効果悪いし、ノートとってる時間があるなら、

一問でも多くの問題を分析したり、読み込んだりしたほうが良いです。

 

実際に計測してみてください。

 

予備校の授業に出るために、どの程度の時間を使っているか、

予備校の授業そのものにどの程度時間を使っているか、

予備校の授業の復習にどの程度時間を使っているかを。

 

確かに、

 

未知の問題で、重要ポイントがこれでもかと

詰まっているような、そんな問題を一流の講師が解説してくれたなら、

予習したり、授業を受けたり、復習に時間を割いたりする価値も大いにあるでしょう。

 

一流の講師の解き方を自分にインストールして、

自分のものにし、使いこなせれば

しっかり力は付きます。

 

実際大手予備校のテキストは中身が相当濃いですし。

 

※大手予備校のテキストがないと受からないわけではありません。

ちなみに大手予備校の日本史や世界史のテキストをマスターするとなると膨大な時間がかかります。

 

外大の世界史や日本史なら大手予備校のテキストレベル

はいらない気もします。

 

でも

 

 

 

ちょっと立ち止まって考えてみてほしいのは、

 

予備校の授業に出るために使う時間や、

予備校の授業に出ている時間や、

予備校の授業の復習に使っている時間に、

 

自分で過去問や問題集を進めたら、どれほど多くの問題をこなせるか

 

ということなんですよ。

 

※復習するなという意味では決してありません。

むしろ復習しないのは自殺行為です。

 

 

きっと3倍から5倍の量の問題がこなせると思います。

 

実際その生徒さんは、

予備校の授業がないときには

遥かに多くの量をこなしています。

 

どっちの受験生が合格する?

ちょっと想像してみてください。

 

 

 

予習に時間を注ぎこみ、

わからない単語があれば辞書を引くことにせいいっぱい時間を使って、

一生懸命授業の準備をしている受験生、

 

予習はしっかりしたので、授業を聞いていても

わかることばかり、自分はよく頑張っているし、

周りのみんなもいつも正解を答えている自分を「できるやつ」だと思っている

 

でも

 

実際にはその「できるやつ」でいるために

気がつけばいつも予習に追われているばかりで、

覚えることに使う時間よりも、辞書を引いている時間の方が長かったりする。

 

一方、

 

そもそも予習なんてしないし、最初に単語を詰め込んでいるから

辞書を永遠とひくことなんてない。

 

志望校に直結するような問題を「どうすれば自分が得点できるか」

という視点で分析することに時間をつかい、

 

解答や解説をフル活用して、

辞書を引くような「作業」でしかない時間を極限まで抑えて

点につながる知識をひたすら覚えることに集中する受験生

 

 

 

どっちが合格に速く近づけるでしょうか?

 

確かに予習をしてわからない部分の説明を聞いて

わかるようになるのは素晴らしいことです。

 

自分で考えながら予習をすれば定着率も

少しは上がるでしょう。

 

でも、

 

その時間の中には、単語の意味など、

解答や解説があれば一瞬で解決するような

知識を調べている時間もあるわけです。

 

(なぜか予備校って全訳を配らないことが多いですよね)

 

丁寧な授業はすばらしい・・・

また

 

他の受験生が間違えたせいで、

自分はわかりきっている部分なのに長々とした説明を受けていたり、

他の生徒のなんの参考にもならないロクでもない混乱した解答を聞いている時間や

正解がでるまで、後ろの人、前の人、右の人、左の人を指名している時間など、

 

 

1つの知識も増えない

1点にもならない、

1ミリも自分のプラスにならない

 

そんな時間もあるわけです。

むしろそのほうが多いでしょう。

 

 

授業の質を高める、

授業の満足度を高める、

授業の理解度を高める

 

一見素晴らしいように見えます。

 

 

それがゴールなら確かに指名も悪くありませんし、

指名されて自分がわかっていない部分が判明する

 

あるいは

 

自分がしっかり答えることができたこと、

もしくはできなかった悔しさで、記憶が強化される

という利点もあるかもしれません。

 

 

でも、

 

その授業の質や、満足度、理解度って、

 

予備校が宣伝するためのゴール

予備校の講師が授業を取らせるためのゴール

予備校が集金するためのゴールでもあるんですよね。

 

「受験生が第一志望校に合格する」という

もっとも重要な目的を効率的に達成するためのものではありません。

 

※もちろんいいに越したことはないです

 

そう考えた時、

今いる自分の環境が志望校の合格に最適か?

を意識することは、

 

もっとも大切な、自分の得たい結果、

つまり合格を左右する重要な問題です。

 

 

そして

 

もう一つ考えて欲しいことがあります。

 

 

 

その授業はちゃんと志望校につながってますか?

今教えている生徒さんは、僕の課題をこなす前から、

自主的にガンガン読んでいるので、

相当な量の長文を読んでいます。

 

 

最近は僕も驚くほどの量の英文を読み込んでいます。

 

一日でセンター5年分くらいよむこともあります。

 

僕自身、結局勉強は最後は量がものをいう。

 

特に語学は読んだ量(と掛けた時間)

で決まっていくと思っているので、

 

かなり膨大な量の英文を読んでもらっています。

総語数でいったら、日本中の受験生の中でも相当な上位に食い込むでしょう。

 

そんな生徒さんにとって必要なのは、

自分の実力と同じか、それより上の英文をよむことです。

 

 

しかし、

レベル別に分かれているにしても、

予備校の授業で扱う英文は、

自分にピッタリになるわけではありません。

 

個別指導なら調節もできますが、

いくら少人数とはいえ、

集団の授業で全員が満足できるような

英文、問題をセレクトできる事のほうがまれでしょう。

 

しかも、

場合によっては、自分よりはるかに下のレベルの英文を

解説されることもあるのです。

 

※講師によりますかね

 

その生徒さんは、

なぜか東洋大学や法政大学の英文を読まされたそうで

「すごく簡単だった」と言っていました。

 

 

いやちょっとまて、

外大受験なのに東洋なんて読む必要ないでしょ。

 

法政だってかなり怪しいのに。

 

※もちろん年度によっては得るものもある場合もあるかもしれません。

 

カンタンすぎて得るものがない英文を、

疑問点が残らないように丁寧に解説される授業

 

確かにわかりやすいく理解度も高いのかもしれませんが・・・

 

 

もしそのまったりした悠長で得るものの少ない時間に、

目標大学に直結した英文を大量に読んでいるライバルがいたとしたら、

あなたはそのライバルに勝てる自信が心の底から湧いてくるでしょうか。

 

予備校が役に立つ場合

予備校をディスりまくってしまいましたが、

すべての予備校やその授業があてはまるわけではありません。

 

もちろん予備校が役に立つなと思う場面もあります。

 

例えば、

ものすごく選抜されたメンバーがあつまっていて、

中での競争が激しくて、常に気をぬけないとか、

ライバルがいるのでモチベーションが切れないとか

自習室が夜遅くまで使えるとか、

 

そういう「環境」を求めて予備校に通うのは、

すごくいいことだと思います。

 

人間って本来怠惰な生き物なので、

自分だけで出来る強い精神力の持ち主は多くありません。

 

ですが、

 

 

自分の志望校の合格に資することがないような

授業をちんたら受けているほど、

受験生はヒマじゃないんですよね。

 

アットホームの罠

もともと授業内容に疑問を持って連絡をしてきてくれたので、

その生徒さんは、授業を切ろうかどうか迷っているといいます。

 

本心は切りたいのでしょう。

 

僕自身は自習室が使えたり、

質問が出来るなら、授業はでずにそこだけ使っても良いのではないかと提案しました。

 

せっかくお金を払ってしまったし、

返金ができないなら、使えるものくらいはつかってもいいからです。

 

 

しかし反面、

授業を切る、授業を切りたいと思いながらも、

踏み出せないジレンマを抱えているといいます。

 

 

それは、

 

小さな予備校なので、

授業に出ないと気まずいという理由です。

 

 

ちょっと待って下さい

 

 

その授業はなんのためのものでしょうか?

その授業の目的はなんでしたか?

その授業を取ろうと思ったのはなぜですか?

 

 

志望校の合格ではありませんか?

 

 

勉強は孤独なものです。

 

みんなを同じ方向に向かせるために、

中学受験では小学生たちに、

「受験はチーム戦」などといった

 

分けの分からない意味不明で混乱した

幻想を抱かせようと指導しているのも見たことがあります。

 

※その先生自体は大変な指導力の持ち主です。

 

 

そして

 

自分が良くない点数をとった時に、

友人の励ましで生き返ったなんてことも

あるかもしれません。

 

自分を気にかけてくれる人がいるというのは、

時に必要だったり、力になってくれることもあります。

 

 

また、暇そうなスタッフを見つけて、

暗記の精度を高めるために利用するのもいいでしょう。

 

しかし、

そのアットホームで何点合格に近づくでしょうか?

 

また周りの受験生、そして教務担当や、

チューターその他、

 

 

それらの人に遠慮することで、

何点合格に近づくでしょうか?

 

 

10点?20点?

 

 

いや50点くらい近づきますか?

 

 

 

そんなわけありませんよね?

 

もう一度予備校に通う目的を考えなくてはいけません。

 

 

合格するために予備校に通い始めたのですよね?

そして授業は合格するためにあるのですよね?

 

しかし、

 

そもそもの授業が使えないのなら、

授業はただのタイムコンシューマーでしかありません。

 

一見役に立ちそうな外面の良い時間吸血鬼です。

 

コシャリはあまりにもドライなことを言っているとか、

「お前の血は何色だ?」(笑)

なんて言われるかもしれませんが、

 

そんなことは知ったことではありません。

 

合格するために予備校にお金を払ったのに、

その予備校で大切な時間が奪われるなら、

 

何の躊躇もなく切るべきです。

 

受験生が予備校に通うのは、

合格するためであって、

 

アット・ホームな雰囲気にひたるためでは

ありません。

 

そう思いませんか?

 

 

スタッフからも(予備校の評判をあげてくれそうなので)よく言われ、

周りの友達からも評判がいい

 

しかも成績もいい

 

そんな状態なら確かに理想ですが、

重要なのは合格することです。

 

そして合格出来るように点を取ることです。

 

 

点を取るには、自分の知識を埋めていくために、

圧倒的な量をこなさなくてはいけません。

 

 

しかし、合格のために通っているはずの予備校のせいで、

合格に欠かせない量をこなすことが完全に邪魔をされているとしたら・・・

 

 

もうやるべきことは見えていますよね?

 

成績がぐんぐん伸びているなら良いですが、

1学期やってみたけど全然変わらないとか、

結局オレはこの3ヶ月間10題しかやらなかったのか?

 

それでどれだけ点が取れるようになったんだ?

これ自分でやったら、1週間で終わる量じゃないか?

 

勧められるがままに授業をとってみたけど、

過去問見たら、全然取る必要なかったんじゃないか?

 

※以前大手予備校のフランチャイズ校に通う

メルマガ読者さんから相談されました。

しかも11月とかに。

 

 

 

もしあなたが、

そう思うなら、その感覚を大事にして下さい。

 

間違っていないです。

 

 

そして、

残り少ない受験までの時間を最大限に活かすには、

どうすればいいか、しっかり判断してください。

 

 

お金を払ってしまったからとか

これまで親身に相談してくれた先生に申し訳ないから

 

などと躊躇している場合ではありません。

 

 

お金はあとから稼げますが、

失われた時間は返ってきません。

 

そして受験は期限が決まっています。

 

10分、20分、30分と迷っているのと同時に、

10分、20分、30分と残り時間が減っていることを忘れないで下さい。

 

素早い決断が自分と自分の将来を救います

 

PS

この記事は自分でガンガンやっているあなたのためのものです。

 

授業に出るのが面倒で授業を切る人も中にはいるようですが、

そういう人には今回の記事はあてはまりません。

もちろんそんな人は僕のサイトには来たりしないと思いますが。

しっかり自分の志望校は自分で調べたい方はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter
いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ