源氏物語夕顔宵過ぐるほど夕顔の死なにがしの院品詞分解現代語訳1

  • LINEで送る

宵過ぐるほど、すこし寝入りたまへるに、

御枕上に、いとをかしげなる 女ゐて、 「己がいとめでたしと見たてまつるをば、尋ね思ほさで、かく、ことなるこ となき人を率ておはして、時めかしたまふこそ、いとめざましくつらけれ」とて、この御かたはらの人をかき起こさむとす、と見たまふ。

 

現代語訳

宵が過ぎるころ、(源氏は夕顔と二人ですごして)少しうつらうつら寝入りなさると、

源氏の御枕元に、たいそう美しい女(物の怪)が座っていて、

 

(美しい女の物の怪)「私があなた=源氏のことを

たいそう素晴らしいお方とお慕い申し上げているのに、

(あなたを思う私を源氏は)訪ねようとはお思いなさらないで、

この(=夕顔)ような取るに足りないような女をお連れしていらっしゃって、ご寵愛なさることは、

たいへん心外で、恨めしく思われます」

といって、この=源氏のおそばの女=夕顔に手をかけ、引き起こそうとするのを

(源氏は夢で)ご覧になる。

 

 

コメント

英熟語でもmake(s) no difference 違いがない=重要でない

というものがありますが、反対語はmake a differenceね

「異なる所なき」って平安時代からこういう言い方は

日本でもしていたんですね。

一応これまで、10カ国語くらい勉強するぐらいには、

外国語や言語に関心があるので、

こういうの見るといつもわくわくしてしまいます。

名詞
過ぐる ガ行上二段活用動詞「過ぐ」連体形
ほど 名詞
すこし 副詞
寝入り ラ行四段活用動詞「寝入る」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「たまふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
完了の助動詞「り」連体形
接続助詞
御枕上 接頭語+名詞
格助詞
いと 副詞
をかしげなる ナリ活用形容動詞「をかしげなり」連体形
名詞
ワ行上一段活用動詞「ゐる」連用形
接続助詞
「己 代名詞
格助詞
いと 副詞
めでたし ク活用形容詞「めでたし」終止形
格助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
たてまつる ラ行四段活用動詞「奉る」連体形 謙譲語 補助動詞 女(物の怪)→源氏 -申し上げる
格助詞
係助詞
尋ね ナ行下二段活用動詞「尋ぬ」連用形
思ほさ サ行四段活用動詞「思ほす」未然形
接続助詞
かく 副詞
ことなることなき ク活用形容詞「ことなることなし」連体形
名詞
格助詞
ワ行上一段活用動詞「ゐる」連用形
接続助詞
おはし サ行変格活用動詞「おはす」連用形 尊敬語 本動詞 女→源氏 ~いらっしゃる
接続助詞
時めかし サ行四段活用動詞「時めかす」連用形
たまふ ハ行四段活用動詞「たまふ」連体形 尊敬語 補助動詞 作者→ ~なさる
こそ 係助詞(係り結び)
いと 副詞
めざましく シク活用形容詞「めざまし」連用形
つらけれ」 ク活用形容詞「つらし」已然形(「こそ」結び)
格助詞
接続助詞
代名詞
格助詞
御かたはら 接頭語+名詞
格助詞
名詞
格助詞
かき起こさ サ行四段活用動詞「かき起こす」未然形
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
サ行変格活用動詞「す」終止形
格助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
たまふ。 ハ行四段活用動詞「たまふ」終止形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる

源氏物語夕顔宵過ぐるほど夕顔の死なにがしの院品詞分解現代語訳2はこちら

古文品詞分解現代語訳記事まとめはこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ