伊勢物語初冠うひかうぶり一段品詞分解全訳と解説

  • LINEで送る

目次

NHKまんがで読む古典 伊勢物語

昔、男、初冠して、奈良の京、春日の里にしるよしして、

狩に往にけり。

昔(ある)男が、元服して、奈良の京(=平城京)の

春日の里(平城京の東部、春日山の西麓の村里)に

領有している縁で、鷹狩に出かけて行った。

昔、 名詞
男、 名詞
初冠 名詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
て、 接続助詞
奈良 名詞
格助詞
名詞
春日 名詞
格助詞
名詞
格助詞
しる ラ行四段活用動詞「治る」連体形
よし 名詞
して 格助詞
名詞
格助詞
往に ナ行変格活用動詞「往ぬ」連用形
けり。 過去(伝聞回想)の助動詞「けり」終止形

その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。

 

(ところが)その里に、ひじょうにたおやかで優美な姉妹が住んでいた。

代名詞
格助詞
名詞
に、 格助詞
いと 副詞
なまめい カ行四段活用動詞「なまめく」連用形「なまめき」のイ音便
たる 完了の助動詞「たり」連体形
女はらから 名詞
住み マ行四段活用動詞「住む」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

この男、かいま見てけり。

この男は、(その姉妹を)垣間見てしまった。

代名詞
格助詞
男、 名詞
かいま見 上一段動詞「かいま見る」連用形
完了の助動詞「つ」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形

思ほえずふるさとに、いとはしたなくてありければ、

心地惑ひにけり。

眠れないほどおもしろい恋する古文[王朝の美女と貴公子篇] (王様文庫)

思いがけなく(こんな)古い里に、

(姉妹が)ひどく不似合いな様子でいたので、

(男は)心が乱れてしまった。

 

思ほえ ヤ行下二段活用動詞「思ほゆ」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
ふるさと 名詞
に、 格助詞
いと 副詞
はしたなく ク活用形容詞「はしたなし」連用形
接続助詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞(順接確定条件)
心地 名詞
惑ひ ハ行四段活用動詞「惑ふ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
けり 過去の助動詞「けり」終止形。

男の着たりける狩衣の裾を切りて、

歌を書きてやる。

(そこで男は)自分の着ていた狩衣の裾を切って、(それに)歌を書いて贈った。

 

名詞
格助詞
ラ行上一段活用動詞「着る」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
狩衣 名詞
格助詞
名詞
格助詞
切り ラ行四段活用動詞「切る」連用形
て、 接続助詞
名詞
格助詞
書き カ行四段活用動詞「書く」連用形
接続助詞
やる ラ行四段活用動詞「やる」終止形

その男、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。

(その時)その男は、しのぶ摺りの狩衣を着ていたのである。

 

※しのぶずりは、しのぶ草をすりつけて初めた布。

一説に奥州信夫郡(今の福島市南部)の名産にちなんでそう呼ばれたといわれる。

代名詞
格助詞
男、 名詞
しのぶずり 名詞
格助詞
狩衣 名詞
格助詞
なむ 係助詞
カ行上一段活用動詞「着る」連用形
たり 存続の助動詞「たり」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形。「なむ」結び

 

春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ

限り知られず

(この)春日野に生んている若い紫草で染めたこのす
り衣の乱れ模様のように、(私の心はあなた方を)思う
心で限りなく乱れております。

 

※「しのぶの乱れ」は、

「しのぶ摺りの乱れ模様」と「恋いしのび乱れる心」との掛詞になっている。

春日野 名詞
格助詞
若紫 名詞
格助詞
すり衣 名詞
しのぶ 名詞
格助詞
乱れ 名詞
かぎり 名詞
しら ラ行四段活用動詞「しる」未然形
可能の助動詞「る」未然形
ず。 打消の助動詞「ず」終止形

となむ追ひつきて言ひやりける。

と即興て詠んでやった。

 

※追ひつきて=すぐに

「老ひつきて」で「大人ぶって」の意味ととる説もある。

ちょうど元服したところなので、

「俺も大人だからな~歌で自己アピールしないとな」

なんてかっこうつけている姿を想像すればいいかも。

こどもならいきなり、その家に入っていっちゃうかもしれませんね。

 

格助詞
なむ 係助詞
をひつき カ行四段活用動詞「追ひつく」連用形
接続助詞
言ひやり ラ行四段活用動詞「言ひやる」連用形
ける。 過去の助動詞「けり」連体形。「なむ」結び

ついでおもしろきことともや思ひけむ。

(男はその)ことの次第を趣深いこととでも思ったのであろう。

ついで 名詞
おもしろき ク活用形容詞「おもしろし」連体形
こと 名詞
格助詞
係助詞
係助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
けむ。 過去原因推量の助動詞「けむ」連体形。「や」の結び

みちのくの忍ぶもぢずり誰ゆゑに

乱れそめにし我ならなくに

(さて、この歌は)

陸奥の国のしのぶもしずりの乱れ模様のように(私の
心は思い乱れておりますが、あなた以外の)だれのた
めに乱れ始めてしまった私でしょうか。(みんなあなた
のせいなのです。)

 

みちのく 名詞
格助詞
しのぶもぢずり 名詞
名詞
ゆゑ 名詞
格助詞
乱れそめ マ行下二段活用動詞「乱れそむ」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
名詞
なら 断定の助動詞「なり」未然形
なく 打消の助動詞「ず」のク語法
終助詞

といふ歌の心ばへなり。

という歌の趣である。

格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
名詞
格助詞
心ばへ 名詞
なり 断定の助動詞「なり」終止形

昔人は、かくいちはやきみやびをなむしける。

昔の人は、このように熱烈な風流事をしたものである。

※いちはやき=素早い。気早い。

烈しいという意味もあり。

ここのところの解釈は学校の先生テスト前に聞いておきましょう。

 

昔人 名詞
係助詞
かく 副詞
いちはやき ク活用形容詞「いちはやし」連体形
みやび 名詞
格助詞
なむ 係助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形。「なむ」の結び

 

 

 今回出てきた助動詞

 

過去の助動詞「けり」~タ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(けら) けり ける けれ

 

接続 連用形

 

完了の助動詞「たり」~タ・~テイル~テアル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
たら たり たり たる たれ たれ

 

接続 連用形

 

完了の助動詞「つ」~テシマウ・~テシマッタ・~タ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
つる つれ てよ

 

接続 連用形

 

打消の助動詞「ず」~ナイ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ざら ざり ざる ざれ ざれ

 

接続 未然形

 

完了の助動詞「ぬ」~テシマウ・~テシマッタ・~タ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ぬる ぬれ

 

接続 連用形

 

 

 

可能の助動詞「る」~デキル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ

 

接続 四段・ナ変・ラ変型の未然形

 

 

過去原因理由推量の助動詞「けむ」~ダッタカラダロウ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ぬる ぬれ

 

接続 連用形

 

 

過去の助動詞「き」

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
しか まる

 

接続 連用形(カ変、サ変は特殊)

カ変=カ行変格活用の場合

「来」の活用のおさらいです。

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
くる くれ こ・こよ

助動詞「き」の連体形の「し」、

已然形「しか」は「来(く)」の未然形に接続

上にくるのが未然形!

⇒来し(こし)、来しか(こしか)

「来」の連用形「き」につくのは

慣用句「来し方(きしかた)」の場合だけ!

助動詞「き」の終止形「き」はついた例なし。

 

 

サ変=サ行変格活用の場合

「す」の活用のおさらいです。

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
する すれ せよ

 

 

助動詞「き」の終止形「き」が接続するとき、

上の語は連用形「し」

⇒しき

 

助動詞「き」の連体形「し」、

已然形「しか」が接続するとき

上の語は未然形「せ」

⇒せし、せしか

 

断定の助動詞「なり」~デアル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
なら なりに なり なる なれ なれ

 

接続 体言・連体形など

求む2

練習問題

「に」の識別できてる?

狩に往けり

⇒ナ変動詞「往ぬ」の連用形語尾

その里

⇒場所をあらわす格助詞

心地惑ひけり。

⇒完了の助動詞「ぬ」連用形

 

「しるよしして」ってどういう意味?

⇒領地がある関係で

 

「思ほえず」はどこにかかる?

⇒はしたなくてありければ

 

本文を二つに分けるならどこから分ける?

⇒「ついで」ここから作者の、男の行動に対する批評になるよ!

 

「ふるさと」ってどういう意味?

⇒由緒のある土地、都の土地、古都

「若紫」って何の比喩?

⇒姉妹。春日野の若々しいむらさき草のようなあなたたちをみて、、

恋しちゃいました。

 

 古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ