更級日記門出あこがれ東路の道の果て品詞分解

  • LINEで送る

こんにちは、コシャリです

高貴で優秀な、才気あふれるboys&girlsのみなさん!

いつも独学受験.jpをご愛顧いただきましてありがとうございます。

 

あづま路の道の果てよりも なほ奥つ方に生ひ出でたる人、

いかばかりかはあやしかりけむを、

いかに思ひ始めけることにか、

世の中に物語といふもののあんなるを、

いかで見ばやと思ひつつ、つれづれなる昼間、宵居などに

姉、継母などやうの人々の、その物語、かの物語、

光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、

いとどゆかしさまされど、わが思ふままに、

そらにいかでかおぼえ語らむ。

 

あづま路 名詞
格助詞
名詞
格助詞
はて 名詞
より 格助詞
も、 係助詞
なほ 副詞
奥つ方 名詞
格助詞
生ひ出で ダ行下二段活用動詞「生ひ出づ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
人、 名詞
いかばかり 副詞
係助詞(係り結び)
係助詞
あやしかり シク活用形容詞「あやし」連用形
けむ 過去推量の助動詞「けむ」連体形(「か」結び)
を、 接続助詞
いかに ナリ活用形容動詞「いかなり」連用形(係り結び)
思ひはじめ マ行下二段活用「思ひはじむ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形(「いかに」結び)
こと 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
か、 係助詞(結びは省略されている)
名詞
格助詞
名詞
格助詞
物語 名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
もの 名詞
格助詞
あん ラ行変格活用動詞「あり」連体形「ある」撥音便
なる 伝聞の助動詞「なり」
を、 格助詞
いかで 副詞
マ行上一段活用動詞「見る」未然形
ばや 終助詞
格助詞
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
つつ、 接続助詞
つれづれなる ナリ活用形容動詞「つれづれなり」連体形
昼間、 名詞
宵居 名詞
など 副助詞
に、 格助詞
名詞
継母 名詞
など 副助詞
やう 名詞
格助詞
人々 名詞
の、 格助詞
代名詞
格助詞
物語、 名詞
代名詞
格助詞
物語、 名詞
光源氏 名詞
格助詞
ある ラ行四段活用動詞「あり」連体形
やう 名詞
など、 副助詞
ところどころ 名詞
語る ラ行四段活用動詞「語る」連体形
格助詞
聞く カ行四段活用動詞「聞く」連体形
に、 接続助詞
いとど 副詞
ゆかしさ 名詞
まされ ラ行四段活用動詞「まさる」已然形
ど、 接続助詞
代名詞
格助詞
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形
まま 名詞
格助詞
そらに 副詞
いかで 副詞
係助詞(係り結び)
おぼえ語ら ラ行四段活用動詞「おぼえ語る」未然形
む。 推量の助動詞「む」連体形(「か」結び)

いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて、

手洗ひなどして、人まにみそかに入りつつ、

「京にとく上げ給ひて、物語の多く候ふなる、

ある限り見せ給へ。」と、

身を捨てて額をつき、祈り申すほどに、

十三になる年、上らむとて、九月三日、

門出して、いまたちといふ所に移る。

いみじく シク活用形容詞「いみじ」連用形
心もとなき ク活用形容詞「こころもとなし」連体形
まま 名詞
に、 格助詞
等身 名詞
格助詞
薬師仏 名詞
格助詞
造り ラ行四段活用動詞「造る」連用形
て、 接続助詞
手洗ひ 名詞
など 副助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
て、 接続助詞
人間 名詞
格助詞
みそかに ナリ活用形容動詞「みそかなり」連用形
入り ラ行四段活用動詞「入る」連用形
つつ 接続助詞
「京 名詞
格助詞
とく ク活用形容詞「とし」連用形
あげ ガ行下二段活用動詞「あぐ」連用形
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語 補助動詞 作者⇒薬師仏 ~ナサル
て、 接続助詞
物語 名詞
格助詞
多く ク活用形容詞「多し」連用形
候ふ ハ行四段活用動詞「候ふ」終止形
なる、 伝聞の助動詞「なり」連体形
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
限り 名詞
見せ サ行下二段活用動詞「見す」連用形
給へ。」 ハ行四段活用動詞「給ふ」命令形 尊敬語 補助動詞 作者⇒薬師仏 ~なさる
と、 格助詞
名詞
格助詞
捨て タ行下二段活用動詞「捨つ」連用形
て、 接続助詞
名詞
格助詞
つき カ行四段活用動詞「つく」連用形
祈り申す サ行四段活用動詞「祈り申す」連体形
ほど 名詞
格助詞
十三 名詞
格助詞
なる ラ行四段活用動詞「なる」連体形
年、 名詞
上ら ラ行四段活用動詞「上る」未然形
意志の助動詞「む」終止形
格助詞
て、 接続助詞
九月三日 名詞
門出し サ行四段活用動詞「門出す」連用形
て、 接続助詞
いまたち 名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
名詞
格助詞
移る。 ラ行四段活用動詞「移る」終止形

 

年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして、

立ち騒ぎて、日の入りぎはの、いとすごく霧りわたりたるに、

車に乗るとて、うち見やりたれば、

人まには参りつつ、額をつきし薬師仏の立ち給へるを、

見捨て奉る、悲しくて、人知れずうち泣かれぬ。

 

年ごろ 名詞
遊びなれ ラ行下二段活用動詞「遊びなる」連用形
つる 完了の助動詞「つ」連体形
名詞
を、 格助詞
あらはに ナリ活用形容動詞「あらはなり」連用形
こぼち散らし サ行四段活用動詞「こぼちちらす」連用形
て、 接続助詞
たち騒ぎ 接頭語「たち」+ガ行四段活用動詞「騒ぐ」連用形
て、 接続助詞
名詞
格助詞
入りぎは 名詞
の、 格助詞
いと 副詞
すごく ク活用形「すごし」連用形
霧りわたり ラ行四段活用動詞「霧りわたる」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
に、 格助詞
名詞
格助詞
乗る ラ行四段活用動詞「乗る」終止形
格助詞
て、 接続助詞
うち見やり 接頭語「うち」ラ行四段活用動詞「みやる」連用形
たれ 完了の助動詞「たり」已然形
ば、 接続助詞
人間 名詞
格助詞
係助詞
参り ラ行四段活用動詞「参る」連用形
つつ 接続助詞
名詞
格助詞
つき カ行四段活用動詞「つく」
過去の助動詞「き」連体形
薬師仏 名詞
格助詞
立ち タ行四段活用動詞「たつ」連用形
給へ 尊敬語補助動詞ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形
完了の助動詞「り」連体形
格助詞
見捨て タ行下二段活用動詞「見捨つ」連用形
奉る ラ行四段活用動詞「奉る」連体形 謙譲語 補助動詞 作者⇒薬師仏 ~申し上げる
悲しく シク活用形容詞「悲し」連用形
て、 接続助詞
名詞
知れ ラ行下二段活用動詞「知る」未然形
打消 の助動詞「ず」連用形
うち泣か 接頭語「うち」+カ行四段活用動詞「泣く」未然形
自発の助動詞「る」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止形

 

門出したる所は、めぐりなどもなくて、

かりそめの茅屋の、蔀などもなし。
簾かけ、幕など引きたり。

南ははるかに野の方見やらる。

 

 

 門出し サ行変格活用動詞「門出す」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
名詞
は、 係助詞
めぐり 名詞
など 副助詞
係助詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
て、 接続助詞
かりそめ 名詞
格助詞
茅屋 名詞
の、 格助詞
名詞
など 副助詞
係助詞
なし。 ク活用形「なし」終止形
名詞
かけ、 カ行下二段活用動詞「かく」連用形
名詞
など 副助詞
ひき カ行四段活用動詞「ひく」連用形
たり。 完了の助動詞「たり」終止形
名詞
係助詞
遥かに ナリ活用形容動詞「遥かなり」連用形
名詞
格助詞
名詞
見やら ラ行四段活用動詞「見やる」未然形
る。 自発助動詞「る」終止形

東、西は海近くて、いとおもしろし。

夕霧立ちわたりて、いみじうをかしければ、

朝寝などもせず、方々見つつ、

ここを立ちなむことも、あはれに悲しきに、

同じ月の十五日、雨かきくらし降るに、境を出でて、

下総の国のいかたといふ所に泊まりぬ。

東、西 名詞
係助詞
名詞
近く ク活用形容詞「近し」連用形
て、 接続助詞
いと 副詞
おもしろし ク活用形容詞「おもしろし」終止形
夕霧 名詞
たちわたり ラ行四段活用動詞「たちわたる」連用形
て、 接続助詞
いみじう シク活用形容詞「いみじ」連用形「いみじく」のウ音便
をかしけれ シク活用形容詞「をかし」已然形
ば、 接続助詞
朝寝 名詞
など 副助詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
ず、 打消 の助動詞「ず」連用形
かたがた 名詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
つつ、 接続助詞
ここ 名詞
格助詞
たち タ行四段活用動詞「たつ」連用形
強意の助動詞「ぬ」未然形
仮定婉曲の助動詞「む」連体形
こと 名詞
係助詞
あはれに ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
悲しき シク活用形容詞「悲し」連体形
に、 接続助詞
同じ シク活用形容詞「おなじ」語幹
名詞
格助詞
十五日、 名詞
名詞
かきくらし 接頭語「かき」+サ行変格活用動詞「くらす」連用形
降る ラ行四段活用動詞「降る」連体形
に、 格助詞
名詞
格助詞
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形
て、 接続助詞
下総 名詞
格助詞
名詞
いかた 名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
名詞
格助詞
泊り ラ行四段活用動詞「泊る」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止形

庵なども浮きぬばかりに雨降りなどすれば、

恐ろしくて寝も寝られず。
野中に丘だちたる所に、ただ木ぞ三つ立てる。

その日は雨にぬれたる物ども干し、

国に立ち遅れたる人々待つとて、

そこに日を暮らしつ。

 

名詞
など 副助詞
 も  係助詞
浮き カ行四段活用動詞「浮く」
強意の助動詞「ぬ」終止形
ばかり 副助詞
格助詞
名詞
降り ラ行四段活用動詞「降る」連用形
など 副助詞
すれ サ行変格活用動詞「す」已然形
ば、 接続助詞
恐ろしく シク活用形容詞「恐ろし」連用形
接続助詞
名詞
係助詞
ナ行下二段活用動詞「寝」未然形
られ 可能の助動詞「らる」未然形
ず。 打消の助動詞「ず」終止形
野中 名詞
格助詞
岡だち タ行四段活用動詞「岡だつ」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
名詞
に、 係助詞
ただ 副詞
名詞
係助詞(係り結び)
三つ 名詞
立て タ行四段活用動詞「立つ」已然形
る。 完了の助動詞「る」連体形(「ぞ」結び)
代名詞
格助詞
名詞
係助詞
名詞
格助詞
濡れ ラ行下二段活用動詞「濡る」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
物ども 名詞+接尾語
干し、 サ行四段活用動詞「干す」連用形
名詞
格助詞
たち遅れ ラ行下二段活用動詞「たち遅る」連用形
たる 完了の助動詞「たり」連体形
人々 名詞
待つ タ行四段活用動詞「待つ」終止形
格助詞
て、 接続助詞
そこ 名詞
格助詞
名詞
格助詞
暮らし サ行四段活用動詞「暮らす」連用形
つ。 完了の助動詞「つ」終止形

十七日のつとめて、立つ。

昔、下総の国に、まのの長といふ人住みけり。
ひき布を千むら、万むら織らせ、さらさせけるが家の跡とて、

深き川 を舟にて渡る。

昔の門の柱のまだ残りたるとて、大きなる柱、

川の中に四つ立てり。人々歌よむを聞きて、心の内に、
朽ちもせぬこの川柱残らずは昔の跡をいかで知らまし

 

十七日 名詞
格助詞
つとめて、 名詞
立つ。 タ行四段活用動詞「立つ」終止形
昔、 名詞
下総 名詞
格助詞
名詞
に、 格助詞
まの 名詞
格助詞
名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
名詞
住み マ行四段活用動詞「すむ」連用形
けり。 過去伝聞の助動詞「けり」終止形
ひき布 名詞
格助詞
千むら 名詞
万むら 名詞
織ら ラ行四段活用動詞「織る」未然形
せ、 使役の助動詞「す」連用形
さらさ サ行四段活用動詞「さらす」未然形
使役の助動詞「す」連用形
ける 過去伝聞の助動詞「けり」連体形
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
て、 接続助詞
深き ク活用形容詞「深し」連体形
名詞
格助詞
名詞
にて 格助詞
渡る。 ラ行四段活用動詞「わたる」終止形
名詞
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
まだ 副詞
残り ラ行四段活用動詞「残る」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
格助詞
て、 接続助詞
大きなる ナリ活用形容動詞「大し」連体形
柱、 名詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
四つ 名詞
立て タ行四段活用動詞「立つ」已然形
り。 存続の助動詞「り」終止形
人々 名詞
名詞
よむ マ行四段活用動詞「読む」連体形
格助詞
聞き カ行四段活用動詞「聞く」連用形
て、 接続助詞
名詞
格助詞
名詞
に、 格助詞
朽ち タ行上二段活用動詞「朽つ」連用形
係助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
代名詞
格助詞
川柱 名詞
残ら ラ行四段活用動詞「残る」未然形
係助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
いかで 副詞(係り結び)
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
まし 反実仮想の助動詞「まし」連体形(「いかで」結び)

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

一ヶ月でセンター英語で40点上げて9割とった方法

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ