土佐日記門出男もすなる品詞分解

※四段活用じゃないの?と思った方はコメント欄も読んでね!

 

本文

ある人、県の四年五年果てて、例のことども皆し終へて、

解由など取りて、住む舘より出でて、船に乗るべきところへ渡る。

かれこれ、知る知ら、送りす。

品詞分解

ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
人、 名詞
名詞
格助詞
四年五年 名詞
果て タ行下二段活用動詞「果つ」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
ことども 名詞+接尾語
副詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
終へ ハ行下二段活用動詞「終ふ」連用形
て、 接続助詞
解由 名詞
など 副助詞
取り ラ行四段活用動詞「とる」連用形
て、 接続助詞
住む マ行四段活用動詞「住む」連体形
名詞
より 格助詞
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形
て、 接続助詞
名詞
格助詞
乗る ラ行四段活用動詞「乗る」終止形
べき 当然の助動詞「べし」連体形

接続は終止形、ラ変型は連体形
べく・べから/べく・べかり/べし/べき・べかる/べけれ/◯

名詞
格助詞
渡る。 ラ行四段活用動詞「渡る」終止形
かれ 代名詞
これ 代名詞
知る ラ行四段活用動詞「知る」連体形
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
ぬ、 打消の助動詞「ず」連体形

接続は未然形
[な]ず・ざら/[に]ず・ざり/ず/ぬざる/ね・ざれ/ざれ

送りす。 サ行変格活用動詞「送りす」終止形

本文

年ごろよく比べつる人々なむ、別れがたく思ひて、

日しきりに、とかくしつつののしるうちに夜更けぬ。

品詞分解

年ごろ 副詞
よく 副詞
比べ バ行下二段活用動詞「比ぶ」連用形
つる 完了の助動詞「つ」連体形

接続は連用形
て/て/つ/つる/つれ/てよ

人々 名詞
なむ、 係助詞(係り結びは流れている)
別れがたく ラ行下二段活用動詞「別る」連用形「別れ」+接尾ク活用形容詞「がたし」連用形
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
て、 接続助詞
名詞
しきりに、 副詞
とかく 副詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
つつ 接続助詞
ののしる ラ行四段活用動詞「ののしる」連体形
うち 名詞
に、 格助詞
名詞
更け カ行下二段活用動詞「更く」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止

“土佐日記門出男もすなる品詞分解” への4件のフィードバック

  1. 乗るべきの、ところの「乗る」って連体形じゃないんですか?

    1. コメントありがとうございます!
      「べき」(「べし」の連体形)は終止形接続(上に終止形がくる)なので、「乗る(四段活用)」は終止形ですよー
      「乗ら・乗り・乗る・乗る・乗れ・乗れ」

      ちなみにラ変型って「あり」みたいなもので「あら・あり・あり・ある・あれ・あれ」のように変化して、こういう場合は「ある」は連体形になります。「あるべき」の「ある」ですね。

      「べし」の接続確認してみてくださいね!
      テスト勉強応援しています!

  2. 書きつくのところカ行下二段じゃなくて四段活用じゃ?

    1. コメントありがとうございます!
      そうそう、未然形に打ち消しの助動詞「ず」を「つけ」て判断すると

      「書きつかず」 と「書きつけず」
      四段だと思っちゃいますよね

      結論から言うと、
      「書きつく」は,カ行下二段活用の動詞で、

      ・未然形=書きつけ
      ・連用形=書きつけ
      ・終止形=書きつく
      ・連体形=書きつくる
      ・已然形=書きつくれ
      ・命令形=書きつけよ

      と活用します。

      ※「掻きつく(とりつく、しがみつく)」は,同じ読み方で「かきつく」と読みますが
      カ行四段活用ですので,間違えないようにしてくださいね。

      なんで?と思うと思います。

      実際の古文の中では,下二段で活用しているから、
      としか言いようがないんですが,

      現代語で「つく」を考えてみましょう

      よい評価がつく(自動詞)
      先生が成績をつける(他動詞)

      否定形にすると
      よい評価(が)つかない、つかず(自動詞)
      先生が成績(を)つけない、つけず(他動詞)

      ・(現代語)「~が付く」(自動詞)→(古文)「~が付く」
      ・(現代語)「~を付ける」(他動詞)→(古文)「~を付く」

      古文だと、自動詞でも他動詞でも同じく「つく」になっちゃいますが、
      助詞が「が」なのか「を、に」なのかで自動詞か他動詞かを判断します。

      ここはそのよし、(を)いささか 物(に)書きつく 

      その旨(を)、少し、もの(に)かきつける

      目的語の(~を、~に)がありますので

      他動詞になり、「ず」をつけると
      「書きつけず」、下二段活用となります。

      ※なお,この方法でうまく行かないこともありますので,注意してくださいね。

コメントを残す

*