土佐日記忘れ貝

四日。この泊まりの浜には、くさぐさのうるはしき貝・石など多かり。

かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の詠める、

四日。 名詞
代名詞
格助詞
泊まり 名詞
格助詞
名詞
格助詞
は、 係助詞
くさぐさ 名詞
格助詞
うるはしき シク活用形容詞「うるはし」連体形
貝・ 名詞
名詞
など 副助詞
多かり。 ク活用形容詞「多し」終止形
 かかれ 副詞「かく」+ラ行変格活用動詞「あり」已然形「あれ」
ば、 接続助詞
ただ 副詞
格助詞
名詞
格助詞
のみ 副助詞
恋ひ ハ行上二段活用「恋ふ」連用形
つつ、 接続助詞
名詞
なる 断定の助動詞「なり」連体形(存在を示す)
名詞
格助詞
詠め マ行四段活用動詞「詠む」已然形
る、 完了の助動詞「る」連体形、

寄する波うちも寄せなむ我が恋ふる人

忘れ貝下りて拾はむ

寄する サ行下二段活用動詞「寄す」連体形
名詞
うち 接頭語
係助詞
寄せ サ行下二段活用動詞「寄す」未然形
なむ 終助詞
代名詞
格助詞
恋ふる ハ行上二段活用動詞「恋ふ」連体形
名詞
忘れ貝 名詞
下り ラ行上二段活用動詞「下る」連用形
接続助詞
拾は ハ行四段活用動詞「拾ふ」未然形
意志の助動詞「む」終止形

と言へれば、ある人の、堪へずして、船の心やりに詠める、

格助詞
言へ ハ行四段活用動詞「言ふ」已然形
完了の助動詞「る」已然形
ば、 接続助詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
名詞
の、 格助詞
堪へ ハ行下二段活用動詞「堪ふ」未然形
ず、 打消の「ず」連用形
して、 接続助詞
名詞
格助詞
心やり 名詞
格助詞
詠め マ行四段活用動詞「詠む」已然形
る、 完了の助動詞「る」連体形

忘れ貝拾ひしもせじ白玉を

恋ふるをだにもかたみと思はむ

忘れ貝 名詞
拾ひ ハ行四段活用動詞「拾ふ」連用形
しも 副助詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
打消意志の助動詞「じ」終止形
白玉 名詞
格助詞
恋ふる ハ行四段活用動詞「恋ふ」連体形
格助詞
だに 副助詞
係助詞
かたみ 名詞
格助詞
思は ハ行四段活用動詞「思ふ」未然形
意志の助動「む」終止形

となむ言へる。女子のためには、親幼くなりぬべし。

「玉ならずもありけむを。」と、

人言はむや。されども、「死じ子、顔よかりき。」と言ふようもあり。

格助詞
なむ 係助詞(係り結び)
言へ ハ行四段活用動詞「言ふ」已然形
る。 完了の助動詞「る」連体形(「なむ」結び)
女子 名詞
格助詞
ため 名詞
格助詞
は、 係助詞
名詞
幼く ク活用形容詞「幼し」連用形
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
強意の助動詞「ぬ」終止形
べし。 推量の助動詞「べし」終止形
名詞
なら 断定の助動詞「なり」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
係助詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けむ 過去推量の助動詞「けむ」連体形
を。」 終助詞
と、 格助詞
名詞
言は ハ行四段活用動詞「言ふ」未然形
推量の助動詞「む」終止形
や。 終助詞
されども 接続詞
「死 ナ行変格活用動詞「死ぬ」連用形「死に」撥音便「死ん」の無表記形
過去の助動詞「き」連体形
子、 名詞
名詞
よかり ク活用形容詞「よし」連用形
き。」 過去の助動詞「き」終止形
格助詞
言ふ ハ行四段活用動詞「言ふ」連体形
やう 名詞
係助詞
あり。 ラ行変格活用動詞「あり」終止形

なほ同じ所に日を経ることを嘆きて、ある女の詠める歌、

手をひてて寒さも知らぬ泉にぞ

汲むとはなしに日ごろ経にける

なほ 副詞
同じ シク活用形容詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
経る ハ行下二段活用動詞「経」連体形
こと 名詞
格助詞
嘆き カ行四段活用動詞「嘆く」連用形
て、 接続詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
名詞
格助詞
詠め マ行四段活用動詞「詠む」已然形
完了の助動詞「る」連体形
歌、 名詞
名詞
格助詞
ひて タ行下二段活用動詞「ひつ」連用形
接続助詞
寒さ 名詞
係助詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
名詞
格助詞
係助詞(係り結び)
汲む マ行四段活用動詞「汲む」終止形
格助詞
係助詞
なし ク活用形容詞「なし」終止形
格助詞
日ごろ 名詞
経(へ) ハ行下二段活用動詞「経(ふ)」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形
ける 詠嘆の助動詞「けり」連体形(「ぞ」結び)

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら