十訓抄博雅の三位と鬼の笛品詞分解現代語訳敬語助動詞その3

  • LINEで送る

博雅の三位東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

十訓抄博雅の三位と鬼の笛品詞分解現代語訳敬語助動詞その3です

十訓抄博雅の三位と鬼の笛品詞分解現代語訳敬語助動詞その2はこちら

助動詞は薄緑のマーカー

敬語は緑のマーカー

係り結びはオレンジのマーカーです

原文

そののち、浄蔵といふ、めでたき笛吹きありけり。召して吹か給ふに、かの三位に劣らざりければ、

帝、御感ありて

「この笛の主、朱雀門のあたりにて得たりけるこそ聞け。浄蔵、このところに行きて、吹け。」
と仰せられければ、月の夜、仰せのごとく、かれに行きて、この笛を吹きけるに、かの門の楼上に、高く大きなる音にて、
朱雀門の鬼
「なほ逸物かな。」
と褒めけるを、「かく」と奏しければ、初めて鬼の笛と知ろしめしけり。葉二と名づけて、天下第一の笛なり

現代語訳

その後、浄蔵という素晴らしい笛の名人がいた。(帝が浄蔵を)呼び出して(笛を)お吹かせになると、あの(博雅の)三位に引けを取らなかったので、帝は、(浄蔵の腕前に)感心して、

「この笛の持ち主(博雅の三位)は、朱雀門のあたりで(この笛を)手に入れたと聞いた。浄蔵、(お前は)この場所(朱雀門)に行って、吹け」

とおしゃったので、月の夜に、帝の仰せの通りに(浄蔵は)そこ(朱雀門)に行って、この笛を吹いたところ、その門(朱雀門)の楼の上から、とても大きな声で、

朱雀門の鬼
「(その笛は)やはり最高の優れ物だな」

と嘆声が聞こえてきた。(浄蔵が帝に)こういうこと(朱雀門で笛をふいたら「それは最高の笛だ」と褒められた)がございましたと申し上げたので、(帝は)はじめて(この笛が)朱雀門の鬼の笛だとお分かりになった。(この鬼の笛は)葉二(はふたつ)と呼ばれ、天下第一の笛である。

解説

浄蔵:891-964年。平安時代中期の僧。天文学や管絃などマルチな才能に恵まれていた。

葉二:横笛の名器。名前の由来は赤と青の二枚の葉が笛についていたことから。

品詞分解

代名詞
格助詞
のち、 名詞
浄蔵 名詞
格助詞
いふ、 ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
めでたき ク活用形容詞「めでたし」連体形
笛吹き 名詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
召し 尊敬語本動詞サ行四段活用動詞「召す」連用形

作者⇒帝 お呼びになる

接続助詞
吹か カ行四段活用動詞「吹く」未然形
使役の助動詞「す」連用形
給ふ 尊敬語補助動詞ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形
に、 接続助詞
代名詞
格助詞
三位 名詞
格助詞
劣ら ラ行四段活用動詞「劣る」未然形
ざり 打消の助動詞「ず」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
帝、 名詞
御感 名詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
て、 接続助詞
「こ 代名詞
格助詞
名詞
格助詞
主、 名詞
朱雀門 名詞
格助詞
あたり 名詞
にて 格助詞
ア行下二段活用動詞「得(う)」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
格助詞
こそ 係助詞(係り結び)
聞け。 カ行四段活用動詞「聞く」已然形(「こそ」結び)
浄蔵、 名詞
代名詞
格助詞
ところ 名詞
格助詞
行き カ行四段活用動詞「行く」連用形
て、 接続助詞
吹け。」 カ行四段活用動詞「吹く」命令形
格助詞
仰せ 尊敬語本動詞

サ行下二段活用動詞「仰す」未然形

られ 尊敬の助動詞「らる」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
名詞
格助詞
夜、 名詞
仰せ 名詞
格助詞
ごとく、 比況の助動詞「ごとし」連用形
かれ 代名詞
格助詞
行き カ行四段活用動詞「行く」連用形
て、 接続助詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
吹き カ行四段活用動詞「吹く」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
に、 接続助詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
楼上 名詞
に、 格助詞
高く ク活用形容詞「高し」連用形
大きなる ナリ活用形容動詞「大きなり」連体形
名詞
にて、 格助詞
「なほ 副詞
逸物 名詞
かな。」 終助詞(詠嘆)
格助詞
褒め マ行下二段活用動詞「褒む」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
を、 格助詞
かく 副詞
格助詞
奏し 謙譲語本動詞

サ行変格活用動詞「奏す」連用形

作者⇒帝

申し上げる 奏上する

けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
初めて 副詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
知ろしめし 尊敬語本動詞

サ行四段活用動詞「しろしめす」連用形

作者⇒帝 おわかりになる ご存知になる

けり。 過去の助動詞「けり」終止形
葉二 名詞
格助詞
名づけ カ行下二段活用動詞「名づく」連用形
て、 接続助詞
天下第一 名詞
格助詞
名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形

 

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

十訓抄博雅の三位と鬼の笛品詞分解現代語訳敬語助動詞その2はこちら

十訓抄博雅の三位と鬼の笛助動詞まとめ

古文品詞分解現代語訳記事まとめ

お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ