伊勢物語芥川6段品詞分解

  • LINEで送る

このページは

伊勢物語芥川6段品詞分解の

1ですakutagawa1

高貴で優秀なみなさん!
どうもこんにちは、コシャリです

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

むかし、をとこありけり。

女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、

からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。

品詞分解

むかし 名詞
をとこ 名詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。
名詞
格助詞
副詞
ア行下二段活用動詞「得」終止形
まじかり 打消推量の助動詞「まじ」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
格助詞
名詞
格助詞
ハ行下二段活用動詞「経(ふ)」連用形
接続助詞
よばひわたり ラ行四段活用動詞「よばひわたる」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続助詞
からうじて 副詞
盗み出で ダ行下二段活用「盗み出づ」連用形
接続助詞
いと 副詞
暗き ク活用形容詞「暗し」連体形
格助詞
来(き) カ行変格活用動詞「来(く)」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形。

一ヶ月でセンター英語で40点上げて9割とった方法

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter

ページ: 1 2 3 4 5

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ