土佐日記門出男もすなる品詞分解

  • LINEで送る

 

センター英語1ヶ月で63点あげて194点達成&センター世界史1ヶ月で52点上げて91点達成

1ヶ月で115点引き上げる!

たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

助動詞:薄緑のマーカーです
敬語:緑のマーカーです
係り結び:オレンジのマーカーです。

土佐日記門出バナー

本文

男もすなる日記といふものを女もしてみとてするなり。

それの年の師走の二十日あまり一日の日の戌の時に門出す。

そのよし、いささかに物に書きつく。

品詞分解

名詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」終止形※書く
なる 伝聞推定の助動詞「なり」連体形

接続は終止形・ラ変型は連体形
◯/なり/なり/なる/なれ/◯

日記 名詞
格助詞
いふ ハ行四段活用動詞「いふ」連体形
もの 名詞
格助詞
名詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形※書く
接続助詞
マ行上一段活用動詞「みる」未然形
意志の助動詞「む」終止形

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

格助詞
接続助詞
する サ行変格活用動詞「す」連体形※書く
なり。 断定の助動詞「なり」終止形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

それ 代名詞
格助詞
名詞
格助詞
師走 名詞
格助詞
二十日あまり一日 名詞
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
門出す。 サ行変格活用動詞「門出す」終止形
代名詞
格助詞
よし、 名詞
いささかに ナリ活用形容動詞「いささかなり」連用形
名詞
格助詞
書きつく。 カ行下二段活用動詞「書きつく」終止形

 

本文

ある人、県の四年五年果てて、例のことども皆し終へて、

解由など取りて、住む舘より出でて、船に乗るべきところへ渡る。

かれこれ、知る知ら、送りす。

品詞分解

ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
人、 名詞
名詞
格助詞
四年五年 名詞
果て タ行下二段活用動詞「果つ」連用形
接続助詞
名詞
格助詞
ことども 名詞+接尾語
副詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
終へ ハ行下二段活用動詞「終ふ」連用形
て、 接続助詞
解由 名詞
など 副助詞
取り ラ行四段活用動詞「とる」連用形
て、 接続助詞
住む マ行四段活用動詞「住む」連体形
名詞
より 格助詞
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形
て、 接続助詞
名詞
格助詞
乗る ラ行四段活用動詞「乗る」終止形
べき 当然の助動詞「べし」連体形

接続は終止形、ラ変型は連体形
べく・べから/べく・べかり/べし/べき・べかる/べけれ/◯

名詞
格助詞
渡る。 ラ行四段活用動詞「渡る」終止形
かれ 代名詞
これ 代名詞
知る ラ行四段活用動詞「知る」連体形
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
ぬ、 打消の助動詞「ず」連体形

接続は未然形
[な]ず・ざら/[に]ず・ざり/ず/ぬざる/ね・ざれ/ざれ

送りす。 サ行変格活用動詞「送りす」終止形

本文

年ごろよく比べつる人々なむ、別れがたく思ひて、

日しきりに、とかくしつつののしるうちに夜更けぬ。

品詞分解

年ごろ 副詞
よく 副詞
比べ バ行下二段活用動詞「比ぶ」連用形
つる 完了の助動詞「つ」連体形

接続は連用形
て/て/つ/つる/つれ/てよ

人々 名詞
なむ、 係助詞(係り結びは流れている)
別れがたく ラ行下二段活用動詞「別る」連用形「別れ」+接尾ク活用形容詞「がたし」連用形
思ひ ハ行四段活用動詞「思ふ」連用形
て、 接続助詞
名詞
しきりに、 副詞
とかく 副詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
つつ 接続助詞
ののしる ラ行四段活用動詞「ののしる」連体形
うち 名詞
に、 格助詞
名詞
更け カ行下二段活用動詞「更く」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止

接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね

本文

二十二日に、和泉の国までと、平らかに願立つ。

藤原のときざね、船路なれど、馬のはなむけす。

上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、

潮海のほとりにてあざれ合へり。

品詞分解

二十二日 名詞
格助詞
和泉 名詞
格助詞
名詞
まで 副助詞
と、 格助詞
平らかに ナリ活用形容動詞「平らかなり」連用形
名詞
立つ。 タ行下二段活用動詞「立つ」終止形
藤原のときざね、 名詞
船路 名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形
ど、 接続助詞
馬のはなむけ 名詞
す。  サ行変格活用動詞「す」終止形
上中下 名詞
酔ひ飽き ハ行四段活用動詞「酔ふ」連用形「酔ひ」+カ行四段活用動「飽く」連用形
て、 接続助詞
いと 副詞
あやしく シク活用形容動詞「あやし」連用形
潮海 名詞
格助詞
ほとり 名詞
にて 格助詞
あざれ合へ ハ行四段活用動詞「あざれ合ふ」已然形
り。 存続の助動詞「り」終止形

接続はサ変の未然形・四段の已然形
ら/り/り/る/れ/れ

 

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ
お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

2 Responses to “土佐日記門出男もすなる品詞分解”

  1. たかはし より:

    乗るべきの、ところの「乗る」って連体形じゃないんですか?

    • コシャリ より:

      コメントありがとうございます!
      「べき」(「べし」の連体形)は終止形接続(上に終止形がくる)なので、「乗る(四段活用)」は終止形ですよー
      「乗ら・乗り・乗る・乗る・乗れ・乗れ」

      ちなみにラ変型って「あり」みたいなもので「あら・あり・あり・ある・あれ・あれ」のように変化して、こういう場合は「ある」は連体形になります。「あるべき」の「ある」ですね。

      「べし」の接続確認してみてくださいね!
      テスト勉強応援しています!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ