法政大学中学の合格発表と合格体験記

スポーツ系の習い事をやっていて、しかも所属チームが全国レベルだったので、非常に練習もハードで、とにかく忙しかったです。肉体的な疲労も激しかったですね。

 

そんな中、集団授業も、個別授業もとっていました。よくやってましたね。

 

まあ疲れや時間のなさで宿題はあんまりやってきませんでしたが。

 

宿題をやってこなかったし、そもそも時間もないし、疲れや睡眠不足でやる気はゼロというかマイナスでしたし・・・

 

困ったもんだなぁ・・・と思ったことを覚えています。

 

担当時の生徒の成績や状況

入ってきた時は、前の塾との進度の差があったりしたので、それを埋めることがまず課題でした。

 

当然算数の成績はビリ。

 

国語や社会は出来ましたが、算数はモチベーション的にも実際の成績もきつかったですね。

 

まだまだ習い事に注力したいし、やる気もそれほどなかったので、まずは勉強時間の確保も目的でしたね。

 

ただ、ご家庭がかなり厳しくて、僕としても気の毒だなぁと常々思っていました。

 

見ていてきつそうでしたし。僕なら耐えられなかったですね。

 

お母さまはある程度配慮してくれたようですが、お父さまはかなりハードというか無理な感じでしたね。

生徒
きついし、無理
お父さま
わかったからやれ。
生徒
眠い。
お父さま
お前がやりたいといったんだろう

 

僕は結構体調管理などを重視する方で、というか僕自身睡眠時間が減ると極端にパフォーマンスが低下するので、再三ご家庭に休む時間を確保するよう連絡しました。