東京都府中市の大学受験プロ家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。

いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳1はこちら

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳2はこちら

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳3はこちら

このページは

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳の

4です!

古文品詞分解現代語訳記事まとめはこちら

kurage4

今回の範囲の助動詞

尊敬の助動詞「す」~ナサル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
する すれ せよ

 

接続 四段・ナ変・ラ変型の未然形

 

使役の助動詞「す」~サセル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
する すれ せよ

 

接続 四段・ナ変・ラ変型の未然形

 

意志の助動詞「む(ん)」~ウ~シヨウ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(ま)

 

接続 未然形

 

不可能の助動詞「まじ」~デキナイ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(まじく)まじから まじくまじかり まじ まじきまじかる まじけれ

 

接続 終止形(ラ変型は連体形)

断定の助動詞「なり」~デアル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
なら なりに なり なる なれ なれ

 

接続 体言・連体形など

尊敬の助動詞「さす」~ナサル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
させ させ さす さする さすれ させよ

 

接続 四段・ナ変・ラ変型以外の未然形

 

打消の助動詞「ず」~ナイ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ざら ざり ざる ざれ ざれ

 

接続 未然形

 

 

完了の助動詞「つ」~テシマウ・~テシマッタ・~タ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
つる つれ てよ

 

接続 連用形

 

推定の助動詞「なり」ヨウダ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
なり なり なる なれ

 

接続 終止形、ラ変型は連体形

 

強意の助動詞「つ」キット・確カニ…スル

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
つる つれ てよ

 

接続 連用形

 

当然の助動詞「べし」~ベキダ・~ハズノ

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(べく)ばから べくばかり べし べきべかる べけれ
接続 終止形、ラ変型は連体形

 練習問題

「さては扇のにはあらで、くらげのななり」はどういうこと=シャレ?

得意満面で骨を自慢する中納言が「まだ見ぬ骨のさまなり」

といったのを瞬時にとらえて、

「人が見たこともないような骨なら、

骨のないあのくらげの骨なんでしょうね」

と奇想天外なシャレを飛ばした清少納言。

 

中納言はまじめに自慢していたものの、

「こいつ、うまいこというじゃねえか」と、

清少納言に一本取られて苦笑いしたんですね。

 

清少納言の頭のキレ具合がわかります。

 

「かようのことこそは・・・入れつべけれど」と言った作者の気持ちは?

このようなことは見聞きするに堪えないことの中に入れるべきである、

という意味ですが、

どうしてこんなことを書いているのでしょうか?

 

一女房の身にすぎない自分が、

でしゃばって、中納言をやりこめるような、

自分の才能を誇示するような話、

 

なので、、、

 

他の人からみたら、「なにあいつでしゃばってんの?」

と苦々しいと思うにちがいない

 

こういう気持ちから、謙遜して、

見聞きすることに堪えないことに入れるべき

と書いたと思われます。

 

しかし、、、

 

本当に謙遜していたら、

本当にでしゃばっちゃったなーと思っていたら、

一言も書かないと思いませんか?

 

なので、、

 

これは、自省のこころから書いたのではなく、

謙遜を通して自分の才能を誇り、

自分の晴れがましさを確認して書いた

 

といえそうですね。

 

 

そう考えると、

 

「一つも書もらすな」って言われたんだもん

っていうのもなんだか、言い訳がましく聞こえてきますね。

 

結局のところ、

 

こんなに素早くうまいこという

アタシってイケてる!!

 

と自慢したいんでしょう。

 

紫式部あたりが文句言ってきそうですね。

 

敬語はどういうふうに使われている?

作者は「せ給ふ」「させ給ふ」で隆家や中宮に対して

尊敬語を使っています。

 

中宮と隆家の関係は、

隆家の行動に謙譲語を使って、中宮への敬意を、

中宮の行動にも謙譲語を使って、中納言隆家への敬意を

表しています。

 

会話中では、中納言隆家が中宮に対して、丁寧語を使っていますね。

 

 

 

参考になれば幸いです。

間違いなど、お気づきになった点があった際には

ぜひぜひ教えてくださいね!

 

この作品の品詞分解が知りたいなど、

リクエストもお待ちしています!

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ
お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳1はこちら

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳2はこちら

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳3はこちら

このページは

枕草子中納言参りたまひて102段扇骨くらげの骨品詞分解全訳の

4です!

古文品詞分解現代語訳記事まとめはこちら

_