どうもこんにちは。

いつも独学受験.jpにお越しいただきありがとうございます。

 

昨日はコンビニでTカードのかわりにキャッシュカードを出していたのにしばらく気付かず、

 

『困惑してしまいました』とお姉さんに言われたコシャリです。

恥ずかしい奴ですね。

 

コンビニで「困惑」というちょっと硬めの言葉を

つかう店員さんにあったのは、はじめてだった気がします。

 

 

今回は大鏡です。

梅の木を持っていかれた女性の素養がわかる文ですね。

教養のある女性って素敵ですよね。

 

 

まあ、この独学受験.jpには世界で活躍するような、

教養があって将来有望な方しか来ませんけど・・・

 

リクエストはお問合せやコメント欄からお気軽にどうぞ!

間違いもご指摘いただけると嬉しいです!

uguisu

一ヶ月でセンター英語で40点上げて9割とった方法

音便:水色マーカー

敬語:緑色マーカー

助動詞:薄緑マーカー

係り結び・呼応の副詞:オレンジマーカー

入試に向けて覚えておきたい単語集に載っていそうな単語:黄色マーカー

「いとをかしうあはれに侍りことは、この天暦の御時に、

清涼殿の御前の梅の木の枯れたり/しかば、求めさせ給ひに、

なにがしのぬしの蔵人にて、いますかり承りて、

『若きどもは、見知ら。きむぢ求めよ。』

のたまひしかば、

ひと京まかりありきしかども、侍らざり/しに、

西の京のそこそこなる家に、

色濃く咲きたる木のやうだいうつくしきが侍りを、

掘り取りしかば、

いと 副詞
をかしう シク活用形容詞「をかし」連用形「をかしく」ウ音便
あはれに ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
侍り ラ行変格活用「侍り」連用形 丁寧語

補助動詞

繁樹⇒読者(聞き手)

(あり)ございます

過去の助動詞「き」連体形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

こと 名詞
係助詞
代名詞
格助詞
天暦 名詞
格助詞
御時 接頭語+名詞 繁樹⇒村上天皇
に、 格助詞
清涼殿 名詞
格助詞
御前 接頭語+名詞 繁樹⇒清涼殿(天皇)
格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
枯れ ラ行下二段活用動詞「枯る」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形

接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ

しか 過去の助動詞「き」已然形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

ば、 接続助詞
求め マ行下二段活用動詞「求む」未然形
させ 使役の助動詞「さす」連用形

接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ

 
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語

補助動詞

繁樹⇒帝

~なさる

過去の助動詞「き」連体形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

接続助詞
なにがし 名詞
格助詞
ぬし 名詞
格助詞
蔵人 名詞
断定の助動詞「なり」連用形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

接続助詞
いますかり ラ行変格活用動詞「いますかり」連用形 尊敬語

補助動詞

繁樹⇒なにがしのぬし

(あり)いらっしゃる

過去の助動詞「き」連体形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

名詞
承り ラ行四段活用動詞「承る」連用形 謙譲語

本動詞

繁樹⇒帝

お受けする

て、 接続助詞
『若き ク活用形容詞「若し」連体形
者ども 名詞+接尾語
は、 係助詞
副詞
見知ら ラ行四段活用動詞「見知る」未然形
じ。 打消 推量の助動詞「じ」終止形

接続は未然形
◯/◯/じ/じ/じ/○

きむぢ 代名詞
求めよ マ行下二段活用動詞「求む」命令形
格助詞
のたまひ ハ行四段活用動詞「のたまふ」連用形 尊敬語

本動詞

繁樹⇒なにがしのぬし

(言ふ)おっしゃる

しか 過去の助動詞「き」已然形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

ば、 接続助詞
ひと京 接頭語+名詞
まかりありき カ行四段活用動詞「まかりありく」連用形 謙譲語

本動詞

繁樹⇒ひと京(帝)

(ありく)歩き回ります(丁寧語に近い)

しか 過去の助動詞「き」已然形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

ども 接続助詞
侍ら ラ行変格活用動詞「侍り」未然形 丁寧語

本動詞

繁樹⇒聞き手 読者

(あり)ごさいます

ざり 打消 の助動詞「ず」連用形

接続は未然形
[な]ず・ざら/[に]ず・ざり/ず/ぬ・ざる/ね・ざれ/ざれ

過去の助動詞「き」連体形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

に、 接続助詞
西の京 名詞
格助詞
そこそこ 代名詞
なる 存在の助動詞「なり」連体形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

名詞
に、 格助詞
色濃く ク活用形容詞「色濃し」連用形
咲き カ行四段活用動詞「咲く」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形

接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ

名詞
格助詞
やうだい 名詞
うつくしき シク活用形容詞「うつくし」連体形
格助詞
侍り ラ行変格活用動詞「侍り」連用形 丁寧語

本動詞

繁樹⇒読者聞き手

(あり)ございます

過去の助動詞「き」連体形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

格助詞
掘り取り ラ行四段活用動詞「掘り取る」連用形
しか 過去の助動詞「き」已然形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

ば、 接続助詞

家あるじの、『木にこれゆひつけてもて参れ

といはせ給ひしかば、あるやうこそはとて、

もて参りさぶらひを、『なにぞ』とて御覧ずれば、

女の手にて書きて侍りける

mejiro

これはメジロです

家あるじ 名詞
格助詞
『木 名詞
格助詞
これ 代名詞
ゆひつけ カ行下二段活用動詞「ゆひつく」連用形
接続助詞
もて参れ』 ラ行四段活用動詞「もて参る」命令形 謙譲語

本動詞

家あるし→帝

(もて行く)もって参上する

格助詞
いは ハ行四段活用動詞「言ふ」未然形
使役の助動詞「す」連用形

接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ

給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語

補助動詞

繁樹⇒家あるじ

~なさる

しか 過去の助動詞「き」已然形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

ば、 接続助詞
あるやう 名詞
こそ 係助詞(係り結び)
係助詞(係り結びは省略されている)
とて、 格助詞
もて参り ラ行四段活用動詞「もて参る」連用形 謙譲語

本動詞

繁樹⇒帝

(もて行く)もって参上する

接続助詞
さぶらひ ラ行四段活用動詞「さぶらふ」連用形 丁寧語

補助動詞

繁樹⇒読者聞き手

(あり)ございます

過去の助動詞「き」連体形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

格助詞
『なに 代名詞
ぞ』 係助詞終助詞
とて 格助詞
御覧ずれ サ行変格活用動詞「御覧ずる」已然形 尊敬語

本動詞

繁樹⇒帝

ご覧になる

ば、 接続助詞
名詞
格助詞
名詞
にて 格助詞
書き カ行四段活用動詞「書く」連用形
接続助詞
侍り ラ行変格活用動詞「侍り」連用形 丁寧語

補助動詞

繁樹⇒読者聞き手

(あり)ございます

ける 過去の助動詞「けり」連体形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

なればいともかしこしうぐいすの

宿はととはばいかが答へ

名詞
なれ 断定の助動詞「なり」已然形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

接続助詞
いと 副詞
係助詞
かしこし ク活用形容詞「かしこし」終止形
うぐひす 名詞
格助詞
宿 名詞
係助詞
格助詞
とは ハ行四段活用動詞「とふ」未然形
接続助詞
いかが 副詞(係り結び)
答へ ハ行下二段活用動詞「答ふ」未然形
意志の助動詞「む」連体形(「いかが」結び)

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

とありけるに、あやしくおぼしめして、

『何者の家ぞ』とたづねさせ給ひければ、

貫之のぬしの御女の住む所なり/けり

『遺恨のわざをもしたり/けるかな』とて、

あまえのおはしましける

格助詞
あり ラ行変格活用動詞「あり」連用形
ける 過去の助動詞「けり」連体形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

接続助詞
あやしく シク活用形容詞「あやし」連用形
おぼしめし サ行四段活用動詞「おぼしめす」連用形 尊敬語

本動詞

繁樹⇒帝

(思ふ)お思いになる

接続助詞
『何者 名詞
格助詞
名詞
係助詞終助詞
格助詞
たづね ナ行下二段活用動詞「たづぬ」未然形
させ 使役の助動詞「さす」連用形

接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ

 
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形 尊敬語

補助動詞

繁樹⇒帝

~なさる

けれ 過去の助動詞「けり」已然形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

ば、 接続助詞
貫之 名詞
格助詞
ぬし 名詞
格助詞
御女(みむすめ) 接頭語+名詞
格助詞
住む マ行四段活用動詞「住む」連体形
名詞
なり 断定の助動詞「なり」連用形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

けり。 過去の助動詞「けり」終止形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

『遺恨 ナリ活用形容動詞「遺恨なり」語幹
格助詞
わざ 名詞
格助詞
係助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
たり 完了の助動詞「たり」連用形

接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ

ける 詠嘆の助動詞「けり」連体形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

かな』 終助詞
とて、 格助詞
あまえ ヤ行下二段活用動詞「あまゆ」連用形
おはしまし サ行四段活用動詞「おはします」連用形 尊敬語

補助動詞

繁樹⇒帝

(あり)いらしゃる

ける。 過去の助動詞「けり」連体形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

繁樹今生の辱詬(ぞくがう→ぞくごう)は、

これや侍りけむ。さるは『思ふやうなる木もて参りたり』とて

衣かづけられ/たり/しも、からくなりに/き」とてこまやかに笑ふ。

繁樹 名詞
今生 名詞
格助詞
辱詬 名詞
係助詞
これ 代名詞
係助詞(係り結び)
侍り ラ行変格活用動詞「侍り」連用形 丁寧語

補助動詞

繁樹⇒読者聞き手

(あり)です。ございます

けむ。 過去推量の助動詞「けむ」連体形(「や」結び)

接続は連用形
◯/○/けむ/けむ/けめ/○

さるは 接続詞
『思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形
やう 名詞
なる 断定の助動詞「なり」連体形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

名詞
もて参り ラ行四段活用動詞「もて参る」連用形 謙譲語

本動詞

帝⇒帝

(もて来)もって参上する

たり』 完了の助動詞「たり」終止形

接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ

とて 格助詞
名詞
かづけ カ行下二段活用動詞「かづく」未然形
られ 受身の助動詞「らる」連用形

接続は四段・ナ変・ラ変以外の未然形
られ/られ/らる/らるる/らるれ/られよ

たり 完了の助動詞「たり」連用形

接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ

過去の助動詞「き」連体形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

係助詞
からく ク活用形容詞「からし」連用形
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
完了の助動詞「ぬ」連用形

接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね

過去の助動詞「き」終止形

接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

とて 格助詞
こまやかに ナリ活用形容動詞「こまやかなり」連用形
笑ふ。 ハ行四段活用動詞「笑ふ」終止形

一ヶ月でセンター英語で40点上げて9割とった方法

古文全訳品詞分解記事一覧はこちら