一ヶ月で40点あげてセンター英語で9割達成、 たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、 残り4ヶ月で上智大学合格に導いた『逆転合格メーカー』のコシャリです。 いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

 

十月十余日(とおあまりのひ)までも、

御帳(みちょう)出でさせ給はず、西の傍なる御座(おまし)に、夜も昼もさぶらふ。

品詞分解

十月十余日(とおあまりのひ) 名詞
まで 副詞
も、 係助詞
御帳(みちょう) 名詞
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
作者⇒中宮への敬意
接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ
給は 尊敬の補助動詞
作者⇒中宮への敬意
ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形
ず、 打消の助動詞「ず」終止形
接続は未然形
ず/ず/ぬ/ね/◯
ざら/ざり/◯/ざる/ざれ/ざれ
西 名詞
格助詞
名詞
なる 存在の助動詞「なり」連体形
接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ
御座(おまし) 名詞
に、 格助詞
名詞
係助詞
名詞
係助詞
さぶらふ。 ハ行四段活用動詞「さぶらふ」終止形

殿の、夜中にも暁にも、参り給ひつつ、御めのとの懐をひき捜させ給ふに、

殿 名詞
の、 格助詞、
夜中 名詞
格助詞
係助詞
名詞
格助詞
も、 係助詞、
参り 謙譲語
ラ行四段活用動詞「参る」連用形
作者⇒中宮への敬意
参上する
給ひ 尊敬語
補助動詞
ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形
作者⇒道長への敬意

「なさる」

つつ、 接続助詞
御めのと 名詞
格助詞
名詞
格助詞
ひき捜さ サ行四段活用動詞「引き捜す」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形
作者⇒道長への敬意
せ/せ/す/する/すれ/せよ
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
給ふ 尊敬語
補助動詞
ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形
作者⇒道長への敬意

「なさる」

に、 接続助詞

 

うちとけて寝たる時などは、

何心もなくおぼえられておどろくも、いといとほしく見ゆ。

品詞分解

うちとけ カ行下二段活用動詞「うちとく」連用形
接続助詞
ナ行下二段活用動詞「寝(ぬ)」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ
名詞
など 副助詞
は、 係助詞、
何心 名詞
係助詞
なく ク活用形容詞「なし」連用形
おぼほれ ラ行下二段活用動詞「おぼほる」連用形
接続助詞
おどろく カ行四段活用動詞「おどろく」連体形
も、 係助詞、
いと 副詞
いとほしく シク活用形容詞「いとほし」連用形
見ゆ。 ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」終止形

心もとなき御程を、

わが心をやりてささげうつくしみ給ふも、ことわりにめでたし。あるときはわりなきわざしかけ奉り給へるを、御紐ひき解きて、御几帳の後にて、あぶらせ給ふ。

品詞分解

心もとなき ク活用形容詞「心もとなし」連体形
御程 接頭語+名詞
を、 格助詞、
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
やり ラ行四段活用動詞「やる」連用形
接続助詞
ささげ が行下二段活用動詞「ささぐ」連用形
うつくしみ マ行四段活用動詞「うつくしむ」連用形
給ふ 尊敬語
補助動詞
ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形
作者⇒道長への敬意
なさる
も、 係助詞、
ことわりに ナリ活用形容動詞「ことわりなり」連用形
めでたし。 ク活用形容詞「めでたし」終止形
ある 連体詞
とき 名詞
係助詞
わりなき ク活用形容詞「わりなし」連体形
わざ 名詞
しかけ カ行下二段活用動詞「しかく」連用形
奉り 謙譲語
補助動詞
ラ行四段活用動詞「奉る」連用形
作者⇒道長への敬意
「~申し上げる」
給へ 尊敬語
補助動詞
ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形
作者⇒道長への敬意
完了の助動詞「り」連体形
接続はサ変の未然形・四段の已然形
ら/り/り/る/れ/れ
を、 格助詞、
御紐 接頭語+名詞
ひき解き カ行四段活用動詞「ひきとく」連用形
て、 接続助詞、
御几帳 接頭語+名詞
格助詞
名詞
にて、 格助詞
あぶら ラ行四段活用動詞「あぶる」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形
作者⇒道長への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ
給ふ。 尊敬語
補助動詞
ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形
作者⇒道長への敬意

 

「あはれ、この宮の御尿(しと)にぬるるは、

うれしきわざかな。このぬれたる、あぶるこそ、思ふやうなる心地すれ。」

と、喜ばせ給ふ。

品詞分解

「あはれ、 感動詞
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
御尿(しと) 接頭語+名詞
格助詞
ぬるる ラ行下二段活用動詞「濡る」連体形
は、 係助詞、
うれしき シク活用形容詞「うれし」連体形
わざ 名詞
かな。 終助詞
代名詞
格助詞
ぬれ ラ行下二段活用動詞「濡る」連用形
たる、 完了の助動詞「たり」連体形
接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ
あぶる ラ行四段活用動詞「あぶる」連体形
こそ、 係助詞(係り結び)
思ふやうなる ナリ活用形容動詞「思ふやうなり」連体形
心地 名詞
すれ。」 サ行変格活用動詞「す」已然形(「こそ」結び)
と、 格助詞、
喜ば バ行四段活用動詞「喜ぶ」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形
作者⇒道長への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ
給ふ。 尊敬語
補助動詞
ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形
作者⇒道長への敬意

「なさる」

 

行幸近くなりぬとて、

殿の内を、いよいよ磨かせ給ふ。世にもおもしろき菊の根を、尋ねつゝ掘りて参る。

品詞分解

 行幸 名詞
近く 近く
なり ラ行四段活用動詞「なる」連用形
完了の助動詞「ぬ」終止形
接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね
格助詞
て、 接続助詞、
殿 名詞
格助詞
名詞
を、 格助詞、
いよいよ 副詞
造り磨か カ行四段活用動詞「造り磨く」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形
作者⇒道長への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ
給ふ。 尊敬語
補助動詞
ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形
作者⇒道長への敬意
世に 副詞
おもしろき シク活用形容詞「おもしろし」連体形
名詞
格助詞
名詞
を、 格助詞、
尋ね ナ行下二段活用動詞「尋ぬ」連用形
つゝ 接続助詞
掘り ラ行四段活用動詞「掘る」連用形
接続助詞
参る。 謙譲語
本動詞
ラ行四段活用動詞「参る」終止形
作者⇒道長への敬意

 

色々うつろひたるも、

黄なるが見所あるも、様々に植ゑたてたるも、朝霧の絶え間に、見わたしたるは、げに老いもしぞきぬべき心地するに、なぞや。

品詞分解

色々 副詞
うつろひ ハ行四段活用動詞「うつろふ」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ
も、 係助詞、
名詞
なる 存在の助動詞「なり」連体形
接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ
格助詞
見所 名詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
も、 係助詞、
様々に ナリ活用形容動詞「様々なり」連用形
植ゑたて タ行下二段活用動詞「植ゑたつ」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ
も、 係助詞、
朝霧 名詞
格助詞
絶え間 名詞
に、 格助詞
見わたし サ行四段活用動詞「見渡す」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ
は、 係助詞、
げに 副詞
老い 名詞
係助詞
しぞき カ行四段活用動詞「しぞく」連用形
強意の助動詞「ぬ」終止形
接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね
べき 推量の助動詞「べし」連体形
接続は終止形・ラ変型は連体形
(べく)・べから/べく・べかり/べし/べき・べかる/べけれ/◯
心地 名詞
する サ行変格活用動詞「す」連体形
に、 接続助詞
なぞ 副詞
や。 係助詞

まして、思ふことの、

少しもなのめなる身ならましかば、すきずきしくも、もてなし若やぎて、常なき世をも過ぐしてまし。

品詞分解

まして、 副詞
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形
こと 名詞
の、 格助詞、
少しも 副詞
なのめなる ナリ活用形容動詞「なのめなり」連用形
名詞
なら 断定の助動詞「なり」連体形
接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ
ましか 反実仮想の助動詞「まし」未然形
接続は未然形
(ませ)・ましか/◯/まし/まし/ましか/◯
接続助詞
すきずきしく シク活用形容詞「すきずきし」連用形
も、 係助詞、
もてなし サ行四段活用動詞「もてなす」連用形
若やぎ ガ行四段活用動詞「若やぐ」連用形
て、 接続助詞、
名詞
なき ク活用形容詞「なし」連体形
名詞
格助詞
係助詞
過ぐし サ行四段活用動詞「過ぐす」連用形
強意の助動詞「つ」未然形
接続は連用形
て/て/つ/つる/つれ/てよ
まし。 反実仮想の助動詞「まし」終止形
接続は未然形
ましか(ませ)/◯/まし/まし/ましか/◯

めでたきこと、

おもしろき事を見聞くにつけても、ただ思ひかけたりし心のひくかたのみ強くて、もの憂く、思はずに歎かしき事のまさるぞ、いと苦しき。

品詞分解

めでたき ク活用形容詞「めでたし」連体形
こと、 名詞
おもしろき ク活用形容詞「おもしろし」連体形
名詞
格助詞
見聞く カ行四段活用動詞「見聞く」連体形
格助詞
つけ カ行下二段活用動詞「つく」連用形
接続助詞
も、 係助詞、
ただ 副詞
思ひかけ カ行下二段活用動詞「思ひかく」
たり 存続の助動詞「たり」連体形
接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ
過去の助動詞「き」連体形
接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯
名詞
格助詞
ひく カ行四段活用動詞「ひく」連体形
かた 名詞
のみ 副助詞、
強く ク活用形容詞「つよし」連用形
て、 接続助詞、
もの憂く、 ク活用形容詞「もの憂し」連用形
思はずに ナリ活用形容動詞「思はずなり」連用形
歎かしき シク活用形容詞「嘆かし」連体形
名詞
格助詞
まさる ラ行四段活用動詞動詞「まさる」連体形
ぞ、 係助詞(係り結び)
いと 副詞
苦しき。 シク活用形容詞「苦し」連体形(「ぞ」結び)

いかで今はなほ、もの忘れしなん、

思ひ出もなし、罪も深かりなど、あけたてばうちながめて、水鳥どもの、思ふことなげに遊びあへるを見る。

品詞分解

いかで 副詞
名詞
係助詞
なほ、 副詞
もの忘れし サ行変格活用動詞「ものわすれす」連用形
強意の助動詞「ぬ」終止形
接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね
意志の助動詞「む」連体形
接続は未然形
(ま)/◯/む/む/め/◯
思ひ効(がい) 名詞
係助詞
なし、 ク活用形容詞「なし」終止形
名詞
係助詞
深か ク活用形容詞「深し」連体形「深かる」の撥音便「深かん」の「ん」無表記形
なり 伝聞推定の助動詞「なり」終止形
接続は終止形・ラ変型は連体形
◯/なり/なり/なる/なれ/◯
など、 副助詞、
あけたて タ行四段活用動詞「あけたつ」已然形
接続助詞
うちながめ マ行下二段活用動詞「うちながむ」連用形
て、 接続助詞、
水鳥ども 名詞+接尾語
の、 格助詞、
思ふ ハ行四段活用動詞「おもふ」連体形
こと 名詞
なげに ナリ活用形容動詞「なげなり」連用形
遊びあへ ハ行四段活用動詞「遊びあふ」已然形
存続の助動詞「り」連体形
接続はサ変の未然形・四段の已然形
ら/り/り/る/れ/れ
格助詞
見る。 ラ行上一段活用動詞「みる」終止形

水鳥を 水の上とや よそに見む

我れも浮きたる 世を過ぐしつつ

品詞分解

水鳥 名詞
格助詞
 水 名詞
格助詞
名詞
格助詞
係助詞(係り結び)
よそ 名詞
格助詞
マ行上一段動詞「見る」未然形
意志の助動詞「む」連体形 (「や」結び)
接続は未然形

◯/◯/む/む/め/◯

代名詞
係助詞
浮き カ行四段活用動詞「浮く」連用形
たる 存続の助動詞「たり」連体形
接続は連用形
たら/たり/たり/たる/たれ/たれ
 世 名詞
格助詞
過ぐし サ行四段活用動詞「過ぐす」連用形
つつ 接続助詞

かれも、さこそ心をやりて遊ぶと見ゆれど、

身はいと苦しかりなんと、思ひよそへらる。

品詞分解

 かれ 代名詞
も、 係助詞、
副詞
こそ 係助詞
名詞
格助詞
やり ラ行四段活用動詞「やる」連用形
接続助詞
遊ぶ バ行四段活用動詞「遊ぶ」終止形
格助詞
見ゆれ ラ行下二段活用動詞「みゆ」已然形
ど、 接続助詞
名詞
係助詞
いと 副詞
苦しかん シク活用形容詞「苦し」連体形「苦しかる」の撥音便
なり 伝聞推定の助動詞「なり」終止形
接続は終止形・ラ変型は連体形
◯/なり/なり/なる/なれ/◯
と、 格助詞、
思ひよそへ ハ行下二段活用動詞「思ひよそふ」未然形
らる。 自発の助動詞「らる」終止形
四段・ナ変・ラ変以外の未然形
られ/られ/らる/らるる/らるれ/られよ

 

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ
お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ