ほほ笑まれて、持経のやうにひき広げて見ゐたまへり。

限りなう ク活用形容詞「限りなし」連用形「限りなく」ウ音便
めづらしう シク活用形容詞「めづらし」連用形「めずらしく」ウ音便
「かやう 名詞
格助詞
名詞
さへ 副助詞
たどたどしから シク活用形容詞「たどたどし」未然形
打消の助動詞「ず」連用形
ひと 名詞
格助詞
朝廷 名詞
まで 副助詞
思ほしやれ ラ行四段活用動詞「思ほしやる」已然形
完了の助動詞「り」連体形
御后言葉 接頭語+名詞
格助詞
かねて 副詞
も」 係助詞
格助詞
ほほ笑ま マ行四段活用動詞「ほほ笑む」未然形
自発の助動詞「る」連用形
接続助詞
持経 名詞
格助詞
やう 名詞※比況の助動詞「やうなり」の連用形「やうに」
断定の助動詞「なり」連用形
ひき広げ ガ行下二段活用「引き広ぐ」連用形
接続助詞
マ行上一段活用動詞「見る」連用形
ワ行上一段活用「ゐる」連用形
たまへ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 尊敬語 補助動詞 作者→源氏 ~なさる
り。 完了の助動詞「り」終止形

古文品詞分解全訳記事一覧はこちら