古今著聞集小式部の内侍大江山品詞分解現代語訳

(四句切れ 体言止め)

[/speech_bubble]

現代語訳

大江山を越え、生野を通る(母和泉式部のいる丹後への)道のりが遠いので、

まだ(母和泉式部のいる丹後のあの有名な)天の橋立を自分の足で踏んでみたこともなければ、母からの手紙をみていません。

ポイント

コシャリ
まだ「ふみ」も見ずは

  • 「踏み」=足で踏む=行く
  • 「文」=手紙

の掛詞になっています。

このパターンを覚えておこう!

品詞分解

大江山 名詞
いくの 名詞
格助詞
名詞
格助詞
遠けれ ク活用形容詞「遠し」已然形
ば、 接続助詞
まだ 副詞
ふみ 名詞
係助詞
マ行上一段活用動詞「みる」未然形
打消の助動詞「ず」終止形
天の橋立 名詞

と詠みかけけり。思はにあさましくて、「こはいかに。」

とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり

小式部、これより、歌詠みの世おぼえ出で来にけり。

現代語訳

と(小式部内侍は定頼の中納言に)詠みかけた。定頼の中納言は思いがけず(小式部内侍のみごとな歌の詠みに)驚いて、

定頼の中納言
これはどうしたものだ

とだけ言って、小式部内侍への返歌も出来ず、小式部内侍の掴まれた自分の袖を引き離してお逃げになった。

小式部内侍は、この時から、歌人として世間の評判になることになった。

品詞分解

格助詞
詠みかけ カ行下二段活用動詞「詠みかく」連用形
けり。 過去の助動詞「けり」終止形
思はずに ナリ活用形容動詞「思はずなり」連用形
あさましく シク活用形容詞「あさまし」連用形
て、 接続助詞
「こ 代名詞
係助詞
いかに。」 副詞
格助詞
ばかり 副助詞
言ひ ハ行四段活用動詞「言ふ」連用形
て、 接続助詞
返し 名詞
格助詞
係助詞
及ば バ行四段活用動詞「及ぶ」未然形
ず、 打消の助動詞「ず」連用形
名詞
格助詞
引き放ち タ行四段活用動詞「引き放つ」連用形
接続助詞
逃げ ガ行下二段活用動詞「逃ぐ」未然形
られ 尊敬の助動詞「らる」連用形

コメントを残す

*