大鏡花山天皇の出家品詞分解現代語訳助動詞解説

  • LINEで送る

一ヶ月で63点あげてセンター英語で194点&52点上げてセンター世界史で94点達成させて、 たとえ学校の先生からお前なんかMARCHにも受からないと言われても、 残り4ヶ月で上智大学合格に導いたオンライン家庭教師『逆転合格メーカー』のコシャリです。 いつも独学受験.jpにお越しいただきましてありがとうございます。

助動詞:薄緑のマーカーです
敬語:緑のマーカーです
係り結び:オレンジのマーカーです。
音便:水色マーカーです

花山天皇の出家 品詞分解
花山天皇の出家の要約

登場人物:世継(昔のことを語っています)

花山天皇:(粟田殿=藤原道兼にはめられて出家することを余儀なくされた)

粟田殿:花山天皇をはめて退位させた

 

(世継が語っています)

次の帝、花山院の天皇と申し。冷泉院の第一の皇子なり

御母、贈皇后宮懐子と申す。

 

現代語訳

つぎの天皇は花山天皇と申しあげました。

冷泉院の第一皇子であります。

(花山天皇の)御母は、贈皇后宮懐子と申しあげます。

品詞分解

名詞
格助詞
名詞
花山天皇 名詞
格助詞
申し 謙譲語

本動詞

サ行四段活用動詞「申す」連用形

世継⇒花山天皇

申し上げる

き。 過去の助動詞「き」終止形
接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯
冷泉院 名詞
格助詞
第一 名詞
格助詞
皇子 名詞
なり。 断定の助動詞「なり」終止形
接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ
御母、 名詞
贈皇后宮懐子 名詞

「贈」は死後に贈られた官位の上につける名前

格助詞
申す。 謙譲語

本動詞

サ行四段活用動詞「申す」終止形

世継⇒贈皇后宮懐子

申し上げる

この部分は教科書によってはないかもしれません。

太政大臣伊尹のおとどの第一の御女なり

この帝、安和元年戊辰十月二十六日丙子、

母方の御祖父の一条の家にて生まれさせ給ふとあるは、世尊時のことや。

その日は、冷泉院の御時の大嘗会の御禊あり。

同二年八月十三日、春宮に立ち給ふ。御年二歳。

天元五年二月十九日、御元服、御年十五。

現代語訳

(贈皇后宮懐子は)太政大臣伊尹公の御長女です。

この天皇(=花山天皇)が安和元年戊辰十月二十六日丙子の日に、

母方(贈皇后宮懐子)の御祖父〔=伊尹公〕の、一条の邸宅でお生れになられた

とあるのは、
(今の)世尊寺のでことでありましょうか。

花山天皇の御誕生の日には、

(花山天皇の御父君である)冷泉天皇の御代の大嘗会の御禊がありました。

同二年(=安和二年)八月十三日に、春宮にお立ちになりました。

(その時の花山天皇は)御年二歳(でした)。天元五年二月十九日に御元服され、御年十五歳でした。

品詞分解

太政大臣伊尹=これまさ 名詞
格助詞
おとど 名詞
格助詞
第一 名詞
格助詞
御女 名詞

世継⇒贈皇后宮懐子

なり。 断定の助動詞「なり」終止形
代名詞
格助詞
帝、 名詞
安和元年戊辰十月二十六日丙子、 名詞
母方 名詞
格助詞
御祖父=おおじ 名詞
格助詞
一条 名詞
格助詞
名詞
にて 格助詞
生まれ ラ行下二段活用動詞「生まる」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
世継⇒花山天皇への敬意
接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ
給ふ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形

世継⇒花山天皇

なさる

格助詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
は、 係助詞
世尊時 名詞
格助詞
こと 名詞
断定の助動詞「なり」連用形
接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ
や。 係助詞(係り結びは省略)
代名詞
格助詞
名詞
は、 係助詞
冷泉院 名詞
格助詞
御時 名詞
格助詞
大嘗会 名詞
格助詞
御禊 名詞
あり。 ラ行変格活用動詞「あり」終止形
同二年八月十三日、 名詞
春宮 名詞
格助詞
立ち タ行四段活用動詞「立つ」連用形
給ふ。 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形

世継⇒花山天皇

なさる

御年二歳。 名詞
天元五年二月十九日、 名詞
御元服、 名詞
御年十五。 名詞

 

永観二年八月二八日、位につか給ふ、御年十七。

寛和二年丙戌(ひのえいぬ)六月二十二日の夜、あさましく候ひことは、

人にも知ら給はで、みそかに花山寺におはしまして、

御出家人道せさせ/給へ/り/し/こそ、御年十九。

世を保た給ふこと二年。そののち、二十二年おはしましき。

 

現代語訳

永観二年八月二十八日に、(花山天皇は)御即位なさいました。

(その時の花山天皇は)御年十七歳(でした)。

寛和二年丙戌六月二十二日の夜に、

(私世継が)驚きあきれれてしまいましたことは、(花山天皇が)だれにもお知らせにならないで、

ひそかに花山寺にいらっしゃって御出家入道なさったことで、

(ご出家入道された時は、まだ花山天皇の)御年は、十九歳でした。

(花山天皇が)世をお治めなさること二年。

御出家なさってから、二十二年御存命でいらせられました。

品詞分解

永観二年八月二十八日、 名詞
名詞
格助詞
つか カ行四段活用動詞「つく」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形

世継⇒花山天皇

給ふ。 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形

世継⇒花山天皇

なさる

御年十七。 名詞
寛和二年丙戌六月二十二日 名詞
格助詞
夜、 名詞
あさましく シク活用形容詞「あさまし」連用形
さぶらひ 丁寧語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「さぶらふ」連用形

世継⇒聞き手

ございます

過去の助動詞「き」連体形
接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯
こと 名詞
は、 係助詞
名詞
格助詞
係助詞
知ら ラ行四段活用動詞「知る」未然形
使役の助動詞「す」未然形
世継⇒花山天皇への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
世継⇒花山天皇への敬意
接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ
給は 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形

世継⇒花山天皇

なさる

で、 接続助詞
みそかに ナリ活用形容動詞「みそかなり」連用形
花山寺 名詞
格助詞
おはしまし 尊敬語

本動詞

サ行四段活用動詞「おはします」連用形

世継⇒花山天皇

いらっしゃる

て、 接続助詞
御出家入道 名詞
サ行変格活用動詞「す」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
世継⇒花山天皇への敬意
接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ
給へ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形

世継⇒花山天皇

なさる

完了の助動詞「り」連用形
接続はサ変の未然形・四段の已然形
ら/り/り/る/れ/れ
過去の助動詞「き」連体形
接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯
こそ。 係助詞(係り結びは省略)
御年十九。 名詞
名詞
格助詞
保た タ行四段活用動詞「保つ」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形
作者⇒道長への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ
給ふ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形

世継⇒花山天皇

なさる

こと、 名詞
二年。 名詞
代名詞
格助詞
後二十二年 名詞
おはしまし 尊敬語

本動詞

サ行四段活用動詞「おはします」連用形

世継⇒花山天皇

いらっしゃる

き。 過去の助動詞「き」終止形
接続は連用形(カ変・サ変は特別)
せ/◯/き/し/しか/◯

 

あはれなることは、下りおはしましける夜は、藤壺の上の御局の小戸より

出でさせ給ひけるに、有明の月のいみじく明かかりければ、

「顕証にこそありけれいかがべから/」と仰せられ/けるを、

「さりとて、とまら給ふべきやう侍ら

神璽・宝剣わたり給ひぬるには。」と、

粟田殿のさわがし申し/給ひけるは、

まだ帝出でさせおはしまさざり/ける先に、手づから取りて、

春宮の御方にわたし奉り/給ひければ、帰り入ら給はことは、

あるまじくおぼして、しか申さ給ひけるとぞ。

現代語訳

(世継が)しみじみとご同情にたえないことは、

(花山天皇が)御退位なさった夜(のことです。その夜、花山天皇)は、

藤壺の上の御局の小戸からお出ましになりましたところ、

有明の月がたいそう明るかったので、

(花山天皇が)「(これ=これほどの明るさの月明かりでは自分が)あまり目立ちすぎる。

どうしたものだろう。」とおっしやったところ、

(通兼公は)「だからといって、(ご出家を)御中止なされるわけのものではまいりますまい。

神璽と宝剣が(東宮=皇太子さまのお手許に)

おうつりになってしまいました以上は」

と粟田殿〔=道兼公〕がおせきたて申しあげなさったのは、

(そのわけは、)まだ帝が(清涼殿から外へ)

お出ましにならなかったその前に、

粟田殿御自身で直接(神璽・宝剣を)持って

東宮の御方に(神璽・宝剣を)お渡し申しあげなさってしまわれたので、

(再び帝が)宮中にお戻りになるようなことがあってはならないことだ

と(粟田殿=道兼公が)お思いになって、こう申しあげなさったのだということです。

品詞分解

あはれなる ナリ活用形容動詞「あはれなり」連体形
こと 名詞
は、 係助詞
おり ラ行上二段活用動詞「おる」連用形
おはしまし 尊敬語

補助動詞

サ行四段活用動詞「おはします」連用形

世継⇒花山天皇への敬意

いらっしゃる

ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
名詞
は、 係助詞
藤壺 名詞
格助詞
名詞
格助詞
御局 名詞
格助詞
小戸 名詞
より 格助詞
出で ダ行下二段活用動詞「「出づ」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
世継⇒花山天皇への敬意
接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ
給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒花山天皇

なさる

ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
に、 接続助詞
有明の月 名詞
格助詞
いみじく シク活用形容詞「いみじ」連用形
あかかり ク活用形容詞「あかし」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形
ば、 接続助詞
「顕証に ナリ活用形容動詞「顕証なり」連用形
こそ 係助詞(係り結び)
あり 補助動詞ラ行変格活用動詞「あり」連用形
けれ。 詠嘆の助動詞「けり」已然形(「こそ」結び)

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

いかが 副詞(係り結び)
サ行変格活用動詞「す」終止形
べから 当然の助動詞「べし」未然形

接続は終止形、ラ変型は連体形
べく・べから/べく・べかり/べし/べき・べかる/べけれ/◯

む」 推量の助動詞「む」連体形(「いかが」結び)

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

格助詞
仰せ 尊敬語

サ行下二段活用動詞「仰す」未然形

世継⇒花山天皇

おっしゃる

られ 尊敬の助動詞「らる」連用形

接続は四段・ナ変・ラ変以外の未然形
られ/られ/らる/らるる/らるれ/られよ

ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
を、 接続助詞
「さりとて、 接続詞
とまら ラ行四段活用動詞「とまる」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形
粟田殿=道兼公⇒花山天皇への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ
給ふ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」終止形

粟田殿(道兼)⇒花山天皇

なさる

べき 当然の助動詞「べし」連体形

接続は終止形、ラ変型は連体形
べく・べから/べく・べかり/べし/べき・べかる/べけれ/◯

やう 名詞
侍ら 丁寧語

補助動詞

ラ行変格活用補助動詞「侍り」未然形

粟田殿=道兼公⇒花山天皇

ございます

ず。 打消 の助動詞「ず」終止形

接続は未然形
[な]ずざら/[に]ずざり/ず/ぬざる/ねざれ/ざれ

神璽・宝剣 名詞
わたり ラ行四段活用動詞「わたる」連用形
給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

粟田殿=道兼公⇒神璽・宝剣

なさる

ぬる 完了の助動詞「ぬ」連体形

接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね

格助詞
は」 係助詞
と、 格助詞
粟田殿 名詞
格助詞
さはがし サ行四段活用動詞「さはがす」連用形
申し 謙譲語

補助動詞

サ行四段活用動詞「申す」連用形

世継⇒花山天皇への敬意

申し上げる

給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒粟田殿=道兼公への敬意

なさる

ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
は、 係助詞
まだ 副詞
名詞
出で ダ行下二段活用動詞「出づ」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
世継⇒花山天皇への敬意
接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ
おはしまさ 尊敬語

補助動詞

サ行四段活用動詞「おはします」未然形

世継⇒花山天皇

いらっしゃる

ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
さき 名詞
に、 格助詞
手づから 副詞
取り ラ行四段活用動詞「とる」連用形
て、 接続助詞
春宮 名詞
格助詞
御方 名詞
格助詞
わたし サ行四段活用動詞「わたす」連用形
奉り 謙譲語

補助動詞

ラ行四段活用動詞「奉る」連用形

世継⇒東宮の御方への敬意

~申し上げる

給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒粟田殿=道兼公への敬意

完了の助動詞「つ」連用形

接続は連用形
て/て/つ/つる/つれ/てよ

けれ 過去の助動詞「けり」已然形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
ば、 接続助詞
帰り入ら ラ行四段活用動詞「帰り入る」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形

世継⇒花山天皇への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ

給は 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形

世継⇒花山天皇への敬意

なさる

仮定婉曲の助動詞「む」連体形

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

こと 名詞
係助詞
ある ラ行変格活用動詞「あり」連体形
まじく 打消推量の助動詞「まじ」の連用形
接続は終止形、ラ変型には連体形
(まじく)・まじから/まじく・まじかり/まじ/まじき・まじかる/まじけれ/◯
おぼし 尊敬語

本動詞

サ行四段活用動詞「おぼす」連用形

世継⇒粟田殿=道兼公への敬意

お思いになる

て、 接続助詞
しか 副詞
申さ 謙譲語

本動詞

サ行四段活用動詞「申す」未然形

世継⇒花山天皇

申し上げる

尊敬の助動詞「す」連用形

世継⇒粟田殿=道兼公への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ

給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒粟田殿=道兼公

なさる

ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
格助詞
ぞ。 係助詞(係り結びは省略されている)

 

さやけき影を、まばゆくおぼしめしつるほどに、

月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ、

「わが出家は成就するなり/けり。」

仰せられて、歩み出でさせ給ふほどに、弘徽殿の女御の御文の、

ひごろ破り残して御身も放た御覧じけるおぼしめし出でて、

「しばし。」とて、取りに入りおはしましけるほどぞかし。

現代語訳

 

(花山天皇は)明るい月の光を気がひけるとお思いになっているうちに、

月の面にむら雲がかかって、

(花山天皇の周辺が)少し暗くなってきたので、

「自分の出家は遂げられるのだなあ。」

と(花山天皇が)おっしゃって、

(清涼殿の外に)歩き出しなさるときに、

(花山天皇は)(なくなられた)弘徽殿の女御のお手紙で、

平素お破り捨てにならず(とっておいて)、(いつも)御肌身離さず

(くり返し)御覧になっていたお手紙をお思い出しになって、

「ちょっと待て。」と(花山天皇は)おっしゃって、

(弘徽殿の女御の御文を清涼殿に)取りにおはいりになったときのことでしたよ。

品詞分解

 さやけき ク活用形容詞「さやけし」恋愛系
名詞
格助詞
まばゆく ク活用形容詞「まばゆし」連用形
おぼしめし 尊敬語

本動詞

サ行四段活用動詞「おぼしめす」連用形

世継⇒花山天皇

つる 完了の助動詞「つ」連体形

接続は連用形
て/て/つ/つる/つれ/てよ

ほど 名詞
に、 格助詞
名詞
格助詞
名詞
格助詞
むら雲 名詞
格助詞
かかり ラ行四段活用動詞「かかる」連用形
て、 接続助詞
少し 副詞
暗がり行き カ行四段活用動詞「「暗がり行く」連用形
けれ 過去の助動詞「けり」已然形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

ば、 接続助詞
「わ 代名詞
格助詞
出家 名詞
係助詞
成就する サ行変格活用動詞「成就す」連体形
なり 断定の助動詞「なり」連用形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

けり」 詠嘆の助動詞「けり」終止形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

格助詞
おぼさ 尊敬語

本動詞

サ行四段活用動詞「おぼす」未然形

世継⇒花山天皇

お思いになる

 れ 尊敬の助動詞「る」連用形

世継⇒花山天皇

接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
れ/れ/る/るる/るれ/れよ

接続助詞
歩み出で ダ行下二段活用動詞「歩み出づ」未然形
させ 尊敬の助動詞「さす」連用形
世継⇒花山天皇への敬意
接続は未然形
させ/させ/さす/さする/さすれ/させよ
給ふ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連体形

世継⇒花山天皇

なさる

ほど 名詞
に、 格助詞
弘徽殿 名詞
格助詞
御文 名詞
格助詞(同格)
日ごろ 副詞
破り残し サ行四段活用動詞「破り残す」連用形
接続助詞
御身 名詞
係助詞
副詞
放た タ行四段活用動詞「放つ」未然形
打消 の助動詞「ず」連用形
御覧じ 尊敬語

本動詞

サ行変格活用動詞「御覧ず」連用形

世継⇒花山天皇

ご覧になる

ける 過去の助動詞「けり」連体形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

格助詞
おぼし出で 尊敬語

本動詞

ダ行下二段活用動詞「おぼし出づ」連用形

世継⇒花山天皇

お思い出しになる

「思ひ出づ」の尊敬語

て、 接続助詞
「しばし」 副詞
とて、 格助詞
取り ラ行四段活用動詞「取る」連用形
格助詞
入ら ラ行四段活用動詞「「入る」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形

世継⇒花山天皇への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ

おはしまし 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「おはします」連用形

世継⇒花山天皇への敬意

いらっしゃる

ける 過去の助動詞「けり」連体形
接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯
ほど 名詞
係助詞
かし。 終助詞

粟田殿の、「いかに、かくはおぼしめしならおはしましぬるぞ。

ただ今過ぎば、おのづからさはりも出でまうでな/む。」と、

そら泣きし給ひけるは。

 

現代語訳

(花山天皇が弘徽殿の女御の御手紙をとりに帰ろうとしたその時)

粟田殿〔=道兼公〕が

「どうしてそのような(思い切りの悪い)

お気持ちになられてしまったのですか。

今この機会を逃してしまったら、自然と支障も出てまいる

にちがいありません。」といって、うそ泣きをなさったことでしたよ。

粟田殿 名詞
の、 格助詞
「いかに ナリ活用形容動詞「いかなり」連用形
おぼしめしなら 尊敬語

本動詞

ラ行四段活用動詞「おぼしめしなる」未然形

粟田殿⇒花山天皇

尊敬の助動詞「す」連用形

粟田殿⇒花山天皇への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ

おはしまし 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「おはします」連用形

粟田殿⇒花山天皇

いらっしゃる

ぬる 完了の助動詞「ぬ」連体形

接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね

ぞ。 終助詞

(係助詞の終助詞的用法)

学校の先生に従おう

ただ今 名詞
過ぎ ガ行上二段活用動詞「過ぐ」未然形
ば、 接続助詞
おのづから 副詞
さはり 名詞
係助詞
出でまうで来(き) 謙譲語

本動詞

カ行変格活用動詞「出でまうで来(く)」連用形

粟田殿⇒花山天皇への敬意

「出で来(く)」の謙譲語

出てまいる

強意の助動詞「ぬ」未然形

接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね

む」 推量の助動詞「む」終止形

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

と、 格助詞
そら泣きし サ行変格活用動詞「そら泣きす」連用形
給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒粟田殿=道兼公

ける 過去の助動詞「けり」連体形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

は。 終助詞(詠嘆)

(係助詞の終助詞的用法詠嘆)

学校の先生に従おう

花山寺におはしまし着きて、御髪下ろさせ給ひてのちにぞ、

粟田殿は、「まかり出でて、大臣にも、変はら姿、いま一度見え、

かくと案内申して、必ず参り/侍ら。」と申し/給ひければ、

「我をば、はかるなり/けり。」とてこそ、泣かせ給ひけれ

あはれに悲しきことなりな。

日ごろ、よく御弟子にて候はと契りて、すかし申し/給ひけむが恐ろしさよ。

 

現代語訳

 

(花山天皇が)花山寺にお着きになって、

御剃髪なさった後になってはじめて、

粟田殿〔=通兼公〕は、

「(私は)ここから退出いたして(邸に戻って)、(父の)大臣〔=兼家公〕にも、

出家前の今と変わらないの姿をもう一度見せ、

これこれと(出家する)事情をお話し申し上げて、

必ずかえって参りましょう。」と申しあげなさったので、

(花山天皇は)「(それでは)私をだましたのだな。」とおっしゃって、

お泣きになったことでした。

しみじみとおいたわしく

また悲しいことですなあ。

(粟田殿が)日ごろよく(花山天皇が御出家なさったら)

(花山天皇の)仏弟子としてお仕えいたしましょうと約束しておいて、

(花山天皇を)欺き申しあげなさったということは恐ろしいことですな。

品詞分解

花山寺 名詞
格助詞
おはしまし 尊敬語

本動詞

サ行四段活用動詞「おはします」連用形

世継⇒花山天皇

いらっしゃる

着き カ行四段活用動詞「着く」連用形
て、 接続助詞
御髪 名詞
下ろさ サ行四段活用動詞「下ろす」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形

世継⇒花山天皇への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ

給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒花山天皇

なさる

接続助詞
のち 名詞
格助詞
ぞ、 係助詞
粟田殿 名詞
は、 係助詞
「まかり出で 謙譲語

本動詞

ダ行下二段活用動詞「まかり出づ」連用形

粟田殿⇒花山天皇

退出する

て、 接続助詞
大臣 名詞
格助詞
係助詞
変はら ラ行四段活用動詞「変はる」未然形
打消 の助動詞「ず」連体形

接続は未然形
[な]ず・ざら/[に]ず・ざり/ず/ぬざる/ね・ざれ/ざれ

姿、 名詞
いま 名詞
一度 名詞
見え、 ヤ行下二段活用動詞「見ゆ」連用形
かく 副詞
格助詞
案内 名詞
申し 謙譲語

補助動詞

サ行四段活用動詞「申す」連用形

粟田殿⇒花山天皇

~申し上げる

て、 接続助詞
必ず 副詞
参り 謙譲語

本動詞

ラ行四段活用動詞「参る」連用形

粟田殿⇒花山天皇

侍ら 丁寧語

補助動詞

ラ行変格活用動詞「侍り」未然形

粟田殿⇒花山天皇

ございます

む。」 意志の助動詞「む」終止形

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

格助詞
申し 謙譲語

本動詞

サ行四段活用動詞「申す」連用形

世継⇒花山天皇

申し上げる

給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒粟田殿

なさる

けれ 過去の助動詞「けり」已然形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

ば、 接続助詞
「我 名詞
格助詞
係助詞
はかる ラ行四段活用動詞「はかる」連体形
なり 断定の助動詞「なり」連用形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

けり。」 過去の助動詞「けり」終止形

接続は連用形
けら/◯/けり/ける/けれ/◯

とて 格助詞
こそ、 係助詞(係り結び)
泣か カ行四段活用動詞「泣く」未然形
尊敬の助動詞「す」連用形

世継⇒花山天皇への敬意
接続は四段・ナ変・ラ変の未然形
せ/せ/す/する/すれ/せよ

給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒花山天皇

なさる

けれ。 過去の助動詞「けり」已然形(「こそ」結び)
あはれに ナリ活用形容動詞「あはれなり」連用形
悲しき シク活用形容詞「悲し」連体形
こと 名詞
なり 断定の助動詞「なり」終止形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

な。 終助詞
日ごろ 名詞
よく 副詞
御弟子 名詞
断定の助動詞「なり」連用形

接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ

接続助詞
候は 謙譲語

本動詞

ハ行四段活用動詞「候ふ」未然形

粟田殿=道兼公⇒花山天皇への敬意

お仕えする

意志の助動詞「む」終止形

接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯

格助詞
契り ラ行四段活用動詞「契る」連用形
て、 接続助詞
すかし サ行四段活用動詞「すかす」連用形
申し 謙譲語

補助動詞

サ行四段活用動詞「申す」連用形

世継⇒花山天皇への敬意

申し上げる

給ひ 尊敬語

補助動詞

ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形

世継⇒粟田殿=道兼公への敬意

けむ 過去推量の助動詞「けむ」連体形
接続は連用形
◯/○/けむ/けむ/けめ/○
終止形
恐ろしさ 名詞
よ。 終助詞

最後までご覧いただきありがとうございます!

参考になれば幸いです。

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解全訳記事まとめ
お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

1ヶ月で40点上げてセンター英語で9割とった方法

上智大学に4ヶ月で受かった教え子の話

1ヶ月で63点上げてセンター英語で194点を達成した方法

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです! コシャリのTwitter 4warabannshi-crop

「お前なんかMARCHにも受からない」と言われても上智に受かる【コシャリ通信】のご登録はこちら

いつも記事を共有していただきありがとうございます!
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ