須磨11

その夜、上のいとなつかしう昔物語などし給ひし御さまの、

院に似たてまつり給へりしも、恋しく思ひ出で聞こえ給ひて、

「恩賜の御衣は今ここにあり」と誦じつつ入り給ひぬ。

現代語訳

その夜、朱雀帝がまったくいつも側におりたい感

じで昔話などをなさった御様子が、桐壺院にお似

申し上げになっていたのも、

恋しくお思い出し申し上げになって、

「恩賜の御衣は今ここにあり」

と声を出してお読みになりながら奥にお入りになってしまった。

品詞分解

代名詞
格助詞
夜、 名詞
名詞
格助詞
いと 副詞
なつかしう シク活用形容詞「なつかし」連用形「なつかしく」ウ音便
昔物語 名詞
など 副助詞
サ行変格活用動詞「す」連用形
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
御さま 名詞
の、 格助詞
名詞
格助詞
ナ行上一段活用動詞「似る」連用形
奉り 謙譲語ラ行四段活用動詞「奉る」連用形
給へ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形
完了の助動詞「り」連用形
過去の助動詞「き」連体形
も、 係助詞
恋しく シク活用形容詞「恋し」連用形
思ひ出で ダ行下二段活用動詞「思ひ出づ」連用形
聞こえ 謙譲語ヤ行下二段活用動詞「聞こゆ」連用形
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形
て、 接続助詞
「恩賜 名詞
格助詞
御衣 名詞
係助詞
名詞
ここ 代名詞
格助詞
あり」 ラ行変格活用動詞「あり」」終止形
格助詞
誦じ サ行変格活用動詞「誦す」連用形
つつ 接続助詞
入り ラ行四段活用動詞「入る」連用形
給ひ ハ行四段活用動詞「給ふ」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止形

御衣はまことに身をはなたず、かたはらに置き給へり。

現代語訳

御召物は本当に身を離さず、側にお置きになってある。

品詞分解

御衣 名詞
係助詞
まことに 副詞
名詞
格助詞
放た タ行四段活用動詞「放つ」未然形
ず、 打消の助動詞「ず」連用形
かたはら 名詞
格助詞
置き カ行四段活用動詞「置く」連用形
給へ ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形
り。 完了の助動詞「り」終止形

源氏

うしとのみひとへにものは思ほえで

ひだりみぎにもぬるる袖かな

現代語訳

つらいとばかり一途に物は思われないで、

左も右もそれぞれの涙で濡れる袖であるよ。

品詞分解

うし ク活用形容詞「うし」終止形
格助詞
のみ 副助詞
ひとへに 副詞
もの 名詞
係助詞
思ほえ ヤ行下二段活用動詞「思ほゆ」未然形
接続助詞
ひだりみぎ 名詞
格助詞
係助詞
ぬるる ラ行下二段活用動詞「ぬる」連体形
名詞
かな 終助詞

 

 

古文品詞分解現代語訳記事まとめはこちら