人々の語りきこえし海山のありさまを、

はるかに思しやりしを、御目に近くては、げに及ばぬいそのたたずまひ、

二なく書き集め給へり。

現代語訳

(以前)人々がお話し申し上げた海山の有様を、須磨4

(都から)はるかにご想像になったけれど、

目の前に御覧になって(今)は、

なるほど想像も及ばない磯のありさまを、

比類なくお書き集めになっている。

品詞分解

人々 名詞
格助詞
語り ラ行四段活用動詞「語る」連用形
きこえ 謙譲の補助動詞ヤ行下二段活用動詞「きこゆ」連用形
過去の助動詞「き」連体形
海山 名詞
格助詞
ありさま 名詞
を、 格助詞
はるかに ナリ活用形容動詞「はるかなり」連用形
思しやり ラ行四段活用動詞「思しやる」連用形
過去の助動詞「き」連体形
を、 接続助詞
御目 名詞
格助詞
近く ク活用形容詞「近し」連用形
接続助詞
は、 係助詞
げに 副詞
及ば バ行四段活用動詞「及ぶ」未然形
打消の助動詞「ず」連体形
名詞
格助詞
たたずまひ、 名詞
二なく ク活用形容詞「二なし」連用形
書き カ行四段活用動詞「書く」連用形
集め マ行下二段活用動詞「集む」連用形
給へ 尊敬の補助動詞「給ふ」已然形
り。 完了の助動詞「り」終止形

 

「このごろ」の上手にすめる千枝、常則などを召して、

作り絵つかうまつらせばや」と、心もとながりあへり。

現代語訳

供人「このごろの名人と世間で言っているようである

千枝、常則などをお呼びになって、

墨書に彩色をしてさしあげさせたい」と、

互いにもどかしがっている。

品詞分解

「このごろ 名詞
格助詞
上手 名詞
格助詞
サ行変格活用動詞「す」終止形
める 推量の助動詞「めり」連体形
千枝、 名詞
常則 名詞
など 副助詞
格助詞
召し サ行四段活用動詞「召す」連用形
て、 接続助詞
作り絵 名詞
つかうまつら ラ行四段活用動詞「つかうまつる」未然形
使役の助動詞「す」未然形
ばや」 終助詞
と、 格助詞
心もとながりあへ ク活用形容詞「心許なし」語幹+接尾語 ラ行四段活用動詞「がる」連用形ハ行四段活用動詞「あふ」已然形
り。 完了の助動詞「り」終止形