若紫14

助動詞:薄緑のマーカーです
敬語:緑のマーカーです
係り結び:オレンジのマーカーです。
音便:水色マーカーです

 

 

さても、いとうつくしかりつる児かな。

何人なら/む、かの人の御かはりに、明け暮れの慰めにも見ばや、

と思ふ心深うつきぬ。

 

現代語訳

「それにしても、ほんとにかわいらしい子だったなあ。

どういう人だろう。あの方の代わりに、

毎日(心の)慰めに見たいものだ」

と思う心が(内部に)深くとりついた。

品詞分解

さても、 接続助詞
いと 副詞
うつくしかり シク活用形容詞「うつくし」連用形
つる 完了の助動詞「つ」連体形
接続は連用形
て/て/つ/つる/つれ/てよ
名詞
かな。 終助詞
何人 名詞
なら 断定の助動詞「なり」未然形
接続は体言連体形など
なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ
む、 推量の助動詞「む」終止形。
接続は未然形
◯/◯/む/む/め/◯
代名詞
格助詞
名詞
格助詞
御かはり 名詞
に、 格助詞
明け暮れ 名詞
格助詞
慰め 名詞
格助詞
係助詞
マ行上一段活用動詞「見る」未然形
ばや、 終助詞
格助詞
思ふ ハ行四段活用動詞「思ふ」連体形
深う ク活用形容詞「深し」連用形「ふかく」ウ音便
つき カ行四段活用動詞「つく」連用形
ぬ。 完了の助動詞「ぬ」終止形。
接続は連用形
な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね

お役に立てましたらフォローしていただけると大変嬉しいです!

コシャリのTwitter

この記事を読んだ人は下の記事も読んでいます

古文品詞分解現代語訳記事まとめ
お役に立てましたらランキングをクリックしていただけると大変うれしいです。 にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ